アクサ・インベストメント・マネージャーズ、2019年度スチュワードシップレポートを公表 -環境と社会にプラスの成果をもたらす道筋-

本リリースは、アクサ・インベストメント・マネージャーズが英国現地時間2020年2月13日付で配信したプレスリリースの英語原文を抄訳したものです。なお、英文の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。オリジナルの英語版はこちらをご覧ください。

  • アクサIMが2019年に行なったエンゲージメント(投資対象企業との建設的な対話)の40%以上は、気候変動に関するものでした。1
  • アクサIMは、2019年に217の発行体とエンゲージメントを行ない、6,016の株主総会に投票し、64,439の企業決議 に投票しました。2
  • 2020年以降、アクサ IM のスチュワードシップ・チームが注目する主要分野には、気候変動、生物多様性の喪失、ダイバーシティ、公衆衛生が含まれます。

アクサ・インベストメント・マネージャーズ (以下、アクサIM) は本日、 「2019年アクティブオーナーシップおよびスチュワードシップに関するレポート」を発表しました。この10年は責任投資が注目を集めてきましたが、次の10年は環境と社会を中心に幾つかの分野において "移行(トランジション)の10年" になる、と本レポートは指摘しています。

アクサIMのインパクト戦略・責任投資のグローバル統括責任者のマット・クリステンセンは、次のように述べています。 「今後10年は、世界的な課題を解決する上で、考え、意気込み、要望を具体的な行動に移していくため、投資および企業コミュニティーの能力が問われるでしょう。 このように企業の行動を促すことで、企業は、株主、ステークホルダー、そして社会全体に対して長期的な価値を創造し続けられるのです 。」

こうしたことから、アクサ IM は、以下のような主要テーマに関する議決権行使により、2020年も投資対象企業のプラスの変化を促します。

  • 気候変動: アクサ IM は、運輸業界など TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース) フレームワークの受け入れが遅れている産業の企業へのエンゲージメントに注力することで、機関投資家の気候変動アクション・イニシアチブである「Climate Action 100 +」3への積極的な関与を継続します。
  • 生物多様性の喪失: アクサ IM は、生物多様性の喪失問題へのエンゲージメントを強化する計画です。 企業に対して、生物多様性や種の絶滅に関連した企業行動をさらに注視しかつ開示するように働きかけることで、アクサ IM は、投資先企業および広範な市場でベストプラクティスを促進していきます。
  • ダイバーシティ: アクサ IM は、企業の事業分野や事業計画の枠を超えたダイバーシティの推進を促します。また、一部の市場においては、ダイバーシティの水準を高めたり、ダイバーシティ政策の拡大も促していきます。
  • 公衆衛生: アクサIM は、発展途上国での医薬品のアクセス改善に関するランキングである「Access to Medicine Index」4の外部審査委員会における唯一の投資家代表として、公衆衛生問題へのエンゲージメントを強化しています。 このようなエンゲージメントは、投資家が持続可能性の問題に影響を与える重要な方法です。 また、当社は薬価形成および関連した透明性への注視を継続します。

アクサIMのESG調査・エンゲージメント統括責任者である高月擁は、次のように述べています。「人類は21世紀に入り根本的な課題に直面しています。気候変動、生物多様性の喪失、ジェンダーの不平等、ガバナンスの不備に直面する中、世界経済の持続的な繁栄をいかに確保すればいいのでしょうか。」

「アクサ IM では、これらの課題に取り組むために投資家が中心的な役割を果たすことができると考えています。当社にとってアクティブオーナーシップとは、投資家としての権利を最大限に活用し企業と生産的な対話を行うことであり、実質的な違いを生み出しています。 当社は、お客様や社員、そして社会の広範なステークホルダーの長期的な利益を守るために、株式や債券を保有している間、投資先企業を常に注視し、エンゲージメントを行なっていく責務を負っています。」

「当社の意図を単に説明するだけでは不十分で、当社がどのように変化を起こしているのかを正確に示す必要があります。 そのため、本レポートでは、2019年にエンゲージメントを行なった217の発行体の詳細と、当社の取り組みおよびそのポイントを明確に説明しました 。」

アクサIMの「2019年アクティブオーナーシップおよびスチュワードシップに関するレポート」をご覧いただくにあたっては、こちらをクリックしてください。

    2018年   2019年
 投資対象企業でのアクサIMの株主総会投票数      5,932   6,016
 アクサIMが株主総会で経営陣の提案を一部支持しなかった件数     2,467   2,777
 アクサIMが支持した決議事項数     62,665   64,439

 

特に言及がない限り、全てのデータと統計は 、アクサIM が2019年12月31日現在で提供しているものです。

以上

1 出所: AXA IM, 2019 Active Ownership and Stewardship Report, 2020年2月11日.
2 出所: AXA IM, 2019 Active Ownership and Stewardship Report, 2020年2月11日.
http://www.climateaction100.org/
https://accesstomedicinefoundation.org/access-to-medicine-index/about-the-index

アクサIMについて
アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)は長期的かつグローバルにわたる多様な資産に対してアクティブな運用を行う資産運用会社であり、投資によってお客様がより良い将来を確保するのに必要なソリューションを提供し、私たちが住む世界にプラスの変化を創造すべく、今日、お客様と共に努力を続けています。2019年12月末時点で約8010億ユーロの運用資産残高を有し、20ヵ国28拠点において2,360名余の従業員を擁し、グローバルな事業を展開しています。アクサIMは世界最大級のフィナンシャル・プロテクションと資産運用グループであるアクサ・グループの一員です。

Contacts

Hélène Caillet

+33 1 44 45 88 06

Helene.Caillet@axa-im.com

鎮守 聡子 Akiko Chinju

+81 3 5447 3156

akiko.chinju@axa-im.com

重要事項

当資料は、アクサ・インベストメント・マネージャーズが作成したものです。
当資料は、情報提供を目的としたものであり、特定の有価証券その他の投資商品についての投資の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。

当資料は、信頼できると判断された情報等をもとに作成しておりますが、正確性、完全性を保証するものではありません。当資料の内容は、作成日時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。当案内に記載された運用実績等はあくまでも過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

投資リスク及び費用について

投資一任契約及び投資助言契約に基づき、主に有価証券への投資の実行又は助言を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。

投資一任契約及び投資助言契約にかかる報酬額およびその他費用は、お客様に委任された運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

詳しくは、弊社担当者までお問い合わせいただくか契約締結前交付書面をご覧ください。

アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社

金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商)第16号
加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

Ref-15834