アクサIMのジル・モエック、環境省主催のESG金融ハイレベル・パネルで基調講演

  • コロナ後、多くの政府が経済成長を促す方策として低炭素モデルへの移行を検討
  • インパクト投資で重要なエンゲージメント。アクサIMも気候変動リスクに関する対話を加速
  • 今後のESG投資で注目されるのは、規制圧力、トランジションボンドなどの新金融商品、生物多様性などの新たな環境テーマ

 

アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)調査部グローバルヘッド 兼 アクサグループ・チーフエコノミストのジル・モエックは本日、環境省主催の第3回ESG金融ハイレベル・パネル*で基調講演(ビデオレター)を行いました。モエックは、アクサにおける20年以上にわたる責任投資の歴史、新型コロナ感染拡大を受けたESG投資の状況、インパクト投資への取り組み、今後のESG投資の課題などを説明しました。講演概要は以下の通りです。なお、講演の詳細についてはこちらをご覧ください。

* 金融・投資分野の各業界トップと国が連携し、ESG金融に関する意識と取組を高めていくための議論を行い、行動する場として環境省によって設置されたパネル

 

「コロナ感染「第一波」のピーク時には、経済成長の迅速な再スタートが絶対的な優先事項となり、気候変動への取り組みが犠牲になってしまうのでは、との懸念が高まりました。実際にはまったく逆の状況で、多くの政府が経済成長を促す方策として低炭素モデルへの移行を検討しています。」

 

「現在、当社はインパクト投資にフォーカスしています。インパクト投資は、投資の実行に際して具体的な成果(意図、プラス効果、社会、環境の側面)にフォーカスします。インパクト投資で特に重要なのがエンゲージメントです。当社は、2020年上半期だけでも80以上のグローバル企業(その多くは高炭素排出セクター)と気候変動リスクに関する対話を行いました。」

 

「今後数年間のESG投資を形成する第一の課題は、規制圧力です。各国政府が気候変動に対する緊急対策を取るようになり、多くの規制を検討し始めました。そして、第二の課題が新たな金融商品の登場です。当社は、新たな市場イニシアティブであるトランジションボンドをサポートしています。これはグリーンボンドを発行できる企業と通常の債券発行体の間の大きなギャップを埋めるもので、将来グリーン企業へ移行しようとしている意欲的なブラウン企業を支えます。第三の課題は、新たな環境テーマの急浮上です。現時点では炭素強度に大きな注目が集まっており、確かに優先事項ですが、新しい課題にも目を向ける必要があります。当社が極めて綿密に調査し始めたのは、生物多様性です。」

Contacts

鎮守 聡子

+81 3 5447 3156

akiko.chinju@axa-im.com

アクサ・インベストメント・マネージャーズについて

アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)は長期的かつグローバルにわたる多様な資産に対してアクティブな運用を行う資産運用会社であり、投資によってお客様がより良い将来を確保するのに必要なソリューションを提供し、私たちが住む世界にプラスの変化を創造すべく、今日、お客様と共に努力を続けています。2020年6月末時点で約8,150億ユーロの運用資産残高を有し、20ヵ国28拠点において2,360名余の従業員を擁し、グローバルな事業を展開しています。アクサIMは世界最大級のフィナンシャル・プロテクションと資産運用グループであるアクサ・グループの一員です。

投資リスク及び費用について

当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。

また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

【ご留意事項】
当資料は、アクサ・インベストメント・マネージャーズの情報提供に基づき、アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社が翻訳・作成した資料です。

当資料は、情報提供を目的としたものであり、特定の有価証券その他の投資商品についての投資の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。

当資料は、信頼できると判断された情報等をもとに作成しておりますが、正確性、完全性を保証するものではありません。
当資料の内容は、作成日時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。当資料に記載された運用実績等に関するグラフ・数値等はあくまでも過去の情報であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

当資料を事前の了承なく複製または配布等を行わないようにお願いします。

アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社

金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号

加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

 

Ref-18298