2019年アクティブオーナーシップ ・スチュワードシップ報告書 - 移行期の10年へ

アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)の2019年アクティブオーナーシップ・スチュワードシップ報告書は、エンゲージメントと議決権行使に対する当社の積極的かつインパクト志向のアプローチについて説明しています。金融市場の健全性を維持し、効率的な資本配分を実現するうえで、企業の経営陣と投資家の双方には担うべき重要な役割があると私たちは確信しています。本報告書では、主要統計データや当社のエンゲージメント事例、現在投資家が直面している最も重要な環境・社会・ガバナンス(ESG)課題に加えて、今後10年間に焦点になると思われる課題に関する当社の見解を紹介します。

2020年:移行期の10年へようこそ

「新たな10年は大変革期とみられ、人々や地球にとって明るい未来を実現する上で今後数年間がきわめて重要になるでしょう。世界の繁栄を維持しつつ、気候変動と持続可能な開発の意欲的な目標を達成しようとするならば、変革が不可欠です。」(アクサIM インパクト戦略・責任投資グローバル統括責任者 マット・クリステンセン)

過去10年は、責任投資がついに脚光を浴びた転換点として記憶されることでしょう。金融業界はグローバルサステナビリティの課題の大きさと、課題解決に貢献する責任を認識し、その立場は傍観者から中心的立場へと決定的に移行しました。そして、次の段階がまさに今始まろうとしています。

責任ある長期アクティブ投資家としてのアクサIMのエンゲージメントの取り組み

「21世紀に入り、人類は根本的な課題に直面しています。気候変動や生物多様性の喪失、ジェンダーの不平等、ガバナンスの不全など、さまざまな問題に対処しながら、世界経済の持続的繁栄を確保するにはどうすればよいのでしょうか。」(アクサIM ESG調査・エンゲージメント統括責任者 高月 擁)


アクサIMでは、こうした課題への対応について、投資家が中心的役割を果たせると考えています。私たちは徹底して長期のアクティブ運用を行う投資家であり、責任ある投資家としての役割も担っています。当社は運用規模が大きいため影響力があり、数千社にのぼる企業への投資家としての豊富な経験から、その影響力を慎重に行使しなければならないことも心得ています。

エンゲージメントの実践

本レポートでは、アクサIMが投資先企業に対して行なっているエンゲージメントをご紹介しています。それらには、議決権の行使状況や、気候変動、ジェンダーの平等、公衆衛生、生物多様性の保全、役員報酬、債券投資におけるアクティブオーナーシップが含まれます。

特に明記されておらず、アクサIMが出所となっているデータおよび統計は2019年12月31日時点のものです。


アクサIMについて
アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)は長期的かつグローバルにわたる多様な資産に対してアクティブな運用を行う資産運用会社であり、投資によってお客様がより良い将来を確保するのに必要なソリューションを提供し、私たちが住む世界にプラスの変化を創造すべく、今日、お客様と共に努力を続けています。2019年12月末時点で約8010億ユーロの運用資産残高を有し、20ヵ国28拠点において2,360名余の従業員を擁し、グローバルな事業を展開しています。アクサIMは世界最大級のフィナンシャル・プロテクションと資産運用グループであるアクサ・グループの一員です。


ご留意事項
当資料は、アクサ・インベストメント・マネージャーズが作成した英文資料をアクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社が翻訳したものです。
当資料は機関投資家またはホールセールの投資家を対象としており、個人のお客様への配布資料ではありません。
当資料は情報提供を目的としたものであり、アクサ・インベストメント・マネージャーズにおいて、特定の有価証券その他の投資商品についての投資の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。 当資料は個人的なデータや案、見通しや推定及び仮定に基づいて作成されたものです。この分析や結論は特定の時期の入手可能なデータに基づいた意見の表明です。
この分析は主観的かつ示唆的な見方であるために、経済の変動要因の実際の展開や金融市場の価値は当資料で用いた適用内容(案、予測、推定と仮定)とは大きく異なることがありえます。
更に、単純化してあるために、当資料に与えられた情報は個人的なものとして見なすべきものです。当資料は予告なく変更されることがあります。またアクサ・インベストメント・マネージャーズは当資料を更新しまた変更することがありますが、それは義務ではありません。
当資料のすべての情報は経済や市場統計の公式の提供者により提供されたデータに基づいて作成されています。アクサ・インベストメント・マネージャーズは当資料に基づいて、または、当資料に依存してなされた決定についてなんら責任を負うものではありません。
更に、こうした分析や意見の個人的な性質のために、これらのデータ、案、予測、推定、仮定、及びまたは意見が、それぞれ自身の意見を持ち、独立している社内の各部署としてアクサ・インベストメント・マネージャーズの経営陣またはその子会社によって利用され、または、従う必要はありません。
この情報を受け入れることにより、当資料の受取人は、受取人がここに書かれた戦略の潜在的な価値を評価することのみに情報を使用しそのほかの目的では使用しないことに同意しており、また、他の何者にもこうした情報を漏らさないことに同意しています。この情報は、全体であれ、部分的であれ、アクサ・インベストメント・マネージャーズの承認がない限り、複製が禁止されています。
当資料は、アクサ・インベストメント・マネージャーズの情報提供に基づき、アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式式会社が翻訳・作成した資料です。 日本語への翻訳に際しては、その解釈や表現に細心の注意を払っていますが、万一英文と日本語文の間に解釈や表現の違いが生じた場合には英文が優先します。
当資料は、信頼できると判断された情報等をもとに作成しておりますが、正確性、完全性を保証するものではありません。当資料の内容は、作成日時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
当資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。
アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商)第16号
加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会


Ref-16275