Download full article

Q&A: 責任投資とESGの統合

環境、社会、ガバナンス(ESG)投資の理解

責任投資(RI)の世界は過去数年間でめざましい発展を遂げ、この結果、RIが投資家や企業にとって何を意味するか、そしてこれがポートフォリオ全体にどのように組み込まれているかについて、数々の疑問が投げかけられています。当社は本書にて、最もよく聞かれる質問にお答えし、RIがアクサ・インベストメント・マネージャーズでどのように適用されているかについて見ていきます。
 

当資料は、アクサ・インベストメント・マネージャーズが作成したものです。
当資料は、情報提供を目的としたものであり、特定の有価証券その他の投資商品についての投資の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
当資料は、信頼できると判断された情報等をもとに作成しておりますが、正確性、完全性を保証するものではありません。当資料の内容は、作成日時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。当資料に記載された運用実績等に関するグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
投資リスク及び費用について:
投資一任契約及び投資助言契約に基づき、主に有価証券への投資の実行又は助言を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
投資一任契約及び投資助言契約にかかる報酬額およびその他費用は、お客様に委任された運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。
詳しくは、弊社担当者までお問い合わせいただくか契約締結前交付書面をご覧ください。
この件に関するお問い合わせ先: アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
金融商品取引業者登録番号: 関東財務局長(金商)第16号
加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、日本証券業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会