気温上昇を1.5℃に抑える世界を目指す戦略的アセットアロケーション:フレームワークの提案

知っておくべきこと

気候変動は重大なリスク―地球温暖化は、気候変動に伴う長期的な物理的リスクと、エネルギーセクターによる化石燃料から低炭素代替燃料への移行に伴う短期的リスクをもたらします。気候科学や気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、今世紀末までの気温上昇を産業革命以前と比べて1.5℃以内に抑えるために、世界でどの程度の炭素効率性の向上が必要かを明らかにしています。パリ協定は、世界の年間CO2排出量を2030年までに半減させ、2050年までにネット・ゼロ(排出量と除去量が均衡する水準)にしなければならないと示唆しています。しかし、この問題への取り組み状況は、業界や国によって異なります。

 

長期投資家にとっての大きな課題―投資家はアセットアロケーションの決定に気候問題を考慮するよう促されています。こうした動きは、いくつかの側面で起きています。

 

  • 投資リスクの認識は、気候変動を主要な懸念事項とする方向へ急速に移行しています。世界経済フォーラムが行った最新のグローバルリスク意識調査では、同フォーラムのマルチステークホルダーコミュニティのメンバー間で指摘された主な長期リスクの上位を、環境への懸念が占めました。

  • 気候変動問題が投資面でも重要なことを示すエビデンスも積み上がっています。コンサルティング会社マーサー[1]の調査により、長期投資家の視点では、世界の気温上昇を2℃未満に抑えるシナリオ(2℃シナリオ)が、3℃シナリオ(現在のパリ協定での公約)や4℃シナリオ(現状維持)と比べて、投資家にとって最善の結果になりうることがわかりました。2050年までを見据えると、4℃シナリオは2℃シナリオと比較して、先進国株式ポートフォリオのリターンを5.6%押し下げ、分散型ポートフォリオのリターンを2100年まで毎年0.10%超押し下げるとみられています。

  • 規制および健全性に関する監督は、地球温暖化への懸念を長期機関投資家に影響を及ぼす方法で組み込もうとしています。その一例として、グリーン(気候変動に対してサステナブルな企業)かブラウン(気候変動に悪影響を及ぼす企業)かという要素を自己資本比率規制に組み入れる件について欧州の規制当局が検討していることが挙げられます。

 

気候変動を考慮した戦略的アセットアロケーションに対するアクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)のアプローチ[2]―気候変動はすべての運用資産に等しく影響を及ぼすわけではありません。本リサーチでは、気温上昇を1.5℃以下に抑える排出経路に沿った戦略的アセットアロケーションを実践できるように、現在の炭素強度(エネルギーの単位当たりのCO2排出量)データと気候関連の資産類型に基づいたアプローチを提示します。当社のシミュレーションは、リスク調整後リターンを悪化させることなく、2030年までに炭素排出量を半減させる1.5℃目標を戦略的アセットアロケーションに組み込むことが可能だと明らかにしています。

 

限界は残る―気候への影響を測定するためのデータや基準の欠如が、依然として投資家が1.5℃目標の排出経路に沿った運用を行ううえでの障害となっています。低炭素化への移行に取り組むセクターへの相応な投資額を確保するために、次のような検討が必要です。

 

  • 気候への影響が明確になるような評価指標を充実させ、よりフォワードルッキングなものにする必要があります。特に、炭素パフォーマンスの評価尺度はCO2排出量の3つのスコープを網羅すべきで、グリーンシェアや投資温度などの新たな気候指標を分析に組み込む必要があります。

  • 移行期における資産のさまざまな成熟度をより正確に反映するために、戦略的アセットアロケーションのフレームワークと市場指数をさらに調整する必要があります。気候目標に整合した投資原則を通じ、戦略的アセットアロケーションを1.5℃目標の排出経路により沿ったものにするため、さらなるリサーチに向けた予備的フレームワークの構築をアクサIMは提案します。

[1] マーサー、『気候変動の時代における投資―続編』、2019年

[2] アクサIMは、国連責任投資原則(UNPRI)(「戦略的アセットアロケーションのフレームワークへのESG課題の組み込み:ディスカッションペーパー」〈2019年9月発行〉を参照)と仏サステナブル投資フォーラム(仏SIF)(今夏の終わりまでに次の共同出版物を刊行予定)との持続可能な戦略的アセットアロケーションをテーマとする2つの共同リサーチプロジェクトに携わっています。

 

アクサIMについて

アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)は長期的かつグローバルにわたる多様な資産に対してアクティブな運用を行う資産運用会社であり、投資によってお客様がより良い将来を確保するのに必要なソリューションを提供し、私たちが住む世界にプラスの変化を創造すべく、今日、お客様と共に努力を続けています。2020年6月末時点で約8,150億ユーロの運用資産残高を有し、20ヵ国28拠点において2,360名余の従業員を擁し、グローバルな事業を展開しています。アクサIMは世界最大級のフィナンシャル・プロテクションと資産運用グループであるアクサ・グループの一員です。

 

ご留意事項

当資料は、アクサ・インベストメント・マネージャーズが作成した英文資料をアクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社が翻訳したものです。

当資料は機関投資家またはホールセールの投資家を対象としており、個人のお客様への配布資料ではありません。

当資料は情報提供を目的としたものであり、アクサ・インベストメント・マネージャーズにおいて、特定の有価証券その他の投資商品についての投資の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。 当資料は個人的なデータや案、見通しや推定及び仮定に基づいて作成されたものです。この分析や結論は特定の時期の入手可能なデータに基づいた意見の表明です。

この分析は主観的かつ示唆的な見方であるために、経済の変動要因の実際の展開や金融市場の価値は当資料で用いた適用内容(案、予測、推定と仮定)とは大きく異なることがありえます。

更に、単純化してあるために、当資料に与えられた情報は個人的なものとして見なすべきものです。当資料は予告なく変更されることがあります。またアクサ・インベストメント・マネージャーズは当資料を更新しまた変更することがありますが、それは義務ではありません。

当資料のすべての情報は経済や市場統計の公式の提供者により提供されたデータに基づいて作成されています。アクサ・インベストメント・マネージャーズは当資料に基づいて、または、当資料に依存してなされた決定についてなんら責任を負うものではありません。

更に、こうした分析や意見の個人的な性質のために、これらのデータ、案、予測、推定、仮定、及びまたは意見が、それぞれ自身の意見を持ち、独立している社内の各部署としてアクサ・インベストメント・マネージャーズの経営陣またはその子会社によって利用され、または、従う必要はありません。

この情報を受け入れることにより、当資料の受取人は、受取人がここに書かれた戦略の潜在的な価値を評価することのみに情報を使用しそのほかの目的では使用しないことに同意しており、また、他の何者にもこうした情報を漏らさないことに同意しています。この情報は、全体であれ、部分的であれ、アクサ・インベストメント・マネージャーズの承認がない限り、複製が禁止されています。

当資料は、アクサ・インベストメント・マネージャーズの情報提供に基づき、アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式式会社が翻訳・作成した資料です。 日本語への翻訳に際しては、その解釈や表現に細心の注意を払っていますが、万一英文と日本語文の間に解釈や表現の違いが生じた場合には英文が優先します。

当資料は、信頼できると判断された情報等をもとに作成しておりますが、正確性、完全性を保証するものではありません。当資料の内容は、作成日時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。

当資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。

アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社

金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商)第16号

加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

Ref-17667