高齢化とライフスタイル

平均寿命の延びと人口高齢化は、投資家にどのような意味を持つのでしょうか。

投資テーマとしての「高齢化とライフスタイル」

「高齢化とライフスタイル」とは、平均寿命が延びる中で世界的に人々の暮らし方が変わりつつある現象を指しています。人口の高齢化は、現代の社会・経済・政治に最も大きな影響を及ぼす変化の1つです。

例えば、世界における60歳超の人口は、2018年から2030年にかけて60歳未満人口の5倍を超えるペースで増えることが予想されています1。これは、政府にも企業や市民にもさまざまな課題をもたらす反面、投資機会を生み出します。

2018~2030年の世界人口変化率(予想)

60歳未満は8%増。60歳超42%増。

出所:米商務省

「今日先進国で生まれる子供の大半は100歳過ぎまで長生きすると見込まれます」 アンドリュー・スコット教授 (『ライフ・シフト』共著者)

「高齢化とライフスタイル」テーマがもたらし得るメリット

人口高齢化が生み出す投資機会は、誰もが思いつくヘルスケア分野にとどまらず、他の分野にも幅広く存在します。ライフスタイルの変化と人口高齢化に伴うニーズは、投資家に今後数十年にも及ぶ成長機会をもたらす可能性があります。60歳超の人口が2030年までに先進国市場で生み出す消費拡大分の3分の2は、美容、フィットネス、旅行、娯楽といった生活の質向上に注力する産業が享受することになるでしょう1

一方、それ以外の不動産、金融、ヘルスケアといった産業では、退職者や高齢者の抱えるニーズに素早く適応していくことが求められます。

当社が投資対象とするのは、長寿化が経済にもたらす影響から恩恵を受ける以下の4分野で事業を展開する企業です。

  • シルバー消費:理美容、パーソナルケア、フィットネス、住宅、旅行、レジャー、娯楽といった生活の質向上に注力する企業。

  • 医療:次世代に対して持続可能な治療方法を模索する企業。

  • 健康:予防医療、個別化医療、栄養、美容医療、アンチエイジング療法などの健康産業。

  • 高齢者介護:高齢者向け住宅や、認知症患者に特化した「メモリーケア」のような専門介護施設の市場。

画像:高齢化する投資分野

1.  出所:データはすべて国際連合、2019年1月改訂。

人口高齢化が投資家にとって重要な理由

1.   世界人口はすでに若さの盛りを過ぎており、今や65歳超の成人数は5歳未満の子どもの数を上回っています。

65歳以上の人々の指数関数的成長を示す高齢化世界人口チャート

出所:国際連合、2018年3月

2. 長寿化は当然ながら医療費膨張につながっており、今後5年間においては、加齢に伴う慢性疾患の予防と治療が医療費を押し上げる主要因となります。米国では毎日約1万人が65歳に達していますが、65~84歳の1人当たり医療費は、45~64歳の倍となります(出所:米メディケア・メディケイド・サービスセンター)

年齢層別医療費

画像:年齢層別医療費

出所:  米メディケア・メディケイド・サービスセンター、2018年5月時点で入手可能な最新データ

3.世界経済フォーラムの推計によれば、老後資金の不足額は2015年から2050年にかけて年5%の割合で拡大を続けます。これは、1日当たり280億ドルの不足額が新たに生じることになります。長期化する老後生活を享受するために資金を蓄えなければならず、個人の負担は増すばかりですが、これは資産運用会社にとって十分に拡大余地があることを示唆しています。HSBCによれば、世界の資産の52%は50代超の人々が保有していますが、退職者でプロのファイナンシャルアドバイザーから助言を仰いだことがある人は、世界でわずか26%にとどまっています。

* コネクテッド・コンシューマー:シティリサーチ、シティGPS「動き出す技術第3弾(Technology at work v3.0)」2017年8月。
* クリーンテック:フィナンシェ・ワールドワイド(Financier Worldwide)「クリーンテクノロジー革命への投資(Investing in the Clean Technology Revolution)」2016年1月。
* 高齢化とライフスタイル:米商務省、2018年3月時点で入手可能な最新データ。
* 自動化:国際ロボット連盟「世界ロボティクス報告書2017(World Robotics Report 2017)」、2018年3月時点で入手可能な最新データ。
* 移行する社会:国際連合、2018年3月改訂。
* パフォーマンス押し上げ要因:アクサ・インベストメント・マネージャーズ、2017年12月29日改訂。