進化する経済

「進化する経済」についての最新情報はインサイトページから

28 insights found

Market thinking

新型コロナウイルスのマクロ経済および運用戦略への影響に関するアップデート: ロックダウン解除後を見据えて - 2020年5月14日

欧州大陸の大半の国々は、ロックダウン(都市封鎖)の条件を幾分緩和したり、まさに緩和しようとしています。当社は、2020年下期のかなりの好転を引き続き予想していますが、景気回復を損なう可能性がある3つの「反動」を懸念しています。

Market thinking

新型コロナウイルスのマクロ経済および運用戦略への影響に関するアップデート: アジア特集 - 2020年5月7日

先進国はロックダウン(都市封鎖)解除に向けて前進しつつあります。これは当社の予想通りで、当社は今四半期の後半にかけて、国によって違いはあるものの、不完全ながらも段階的な経済活動の正常化を予想していました。ユーロ圏ではロックダウン緩和に向け強力な政治行動が叫ばれていますが、ECB(欧州中央銀行)のPSPP(公的部門証券買い入れプログラム)に対して、GCC(ドイツ連邦憲法裁判所)の判断が立ちはだかっ ...

Market thinking

新型コロナウイルスのマクロ経済および運用戦略への影響に関するアップデート: バイオ・ヘルスケア特集 - 2020年4月30日

新型コロナの感染拡大防止でロックダウン(都市封鎖)を行なった先進国の経済状況に関する通常指標が出始めました。米国の1-3月期の実質国内総生産(GDP)は前期比1.2%減少し、年率換算では4.8%減少しました。大幅なマイナス成長となったわけですが、それでも想定ではより大きな落ち込みが予想されていました。これは、米国のロックダウンが欧州に比べて緩いものだったためと考えられます。

Market thinking

新型コロナウイルスのマクロ経済および運用戦略への影響に関するアップデート: 経済回復への道のり - 2020年4月23日

ロックダウン(都市封鎖)の主要目標は医療システムの対応能力を温存することで、新型コロナの2次感染を抑えるためでした。欧州の大半の国ではこの目標は達成されつつあり、ユーロ圏の多くの国は5月中旬までに正常化すると当社は予想します。

Market thinking

新型コロナウイルスのマクロ経済および運用戦略への影響に関するアップデート: 金融・財政刺激策の導入進む - 2020年4月16日

当社は、5月中旬までには欧州大陸の多くの国がロックダウン(都市封鎖)を解除し始めると予想しています。しかし、米国については慎重に見ています。新型コロナ感染が急拡大した地域での伝染速度は落ち着いてきていますが、その他の主要都市での感染拡大を注視する必要があります。米国における正常化への広範な回帰は、第2四半期末まで待つ必要があるでしょう。

Market thinking

新型コロナウイルスのマクロ経済および運用戦略への影響に関するアップデート - 2020年4月9日

新型コロナウイルス危機が、引き続き市場に大きなボラティリティをもたらしています。世界経済にとって異例で厳しい状況ですが、政策担当者および中央銀行は、市場の安定とマクロ経済対策で決然とした行動を取っています。当社の専門家が、現状に関する見解および今後の見通しと投資機会を説明します。

Market thinking

新型コロナウイルスのマクロ経済および運用戦略への影響に関するアップデート - 2020年4月2日

当社では、西側先進国における新型コロナ感染封じ込めに関してイタリアの動向に注目しています。同国の状況を見ると、日々の拡大傾向は落ち着きつつあるものの、1カ月の外出規制では感染拡大を食い止めるのに十分ではないようです。当社の予想では、外出規制のピーク時には、いかなる先進国でも生産が30-35%減少するとみています。1カ月の外出規制で、GDP成長率は年率で2.5-3%押し下げられるとみられ、外出規制 ...

Market thinking

新型コロナウイルスの市場および経済への影響に関するアップデート - 2020年3月26日

新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの国が外出制限を行なっています。これは世界の経済活動に大きな影響を及ぼしており、最も打撃を受けているセクターでは稼働率がほぼゼロとなりそうです。経済全体でも日々の状況悪化に直面しており、不確実性の高まりで信頼感も悪化しています。 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を考慮すると、グローバル経済の正常化は第3四半期以前には始まらない、というのが当社の基 ...

Outlook

マクロ経済見通し2020: 視界は必ずしも良好ならず

主要なマクロ経済リスクが後退し始めたことを受け、2019年に世界的な景気後退に陥るのではないかとの懸念は和らいだ。 しかし主要経済国・地域の2020年のGDP成⻑率は潜在成⻑率を超えられない可能性が高いと見ている。これまでの打撃の影響が残り、以前からの逆風は解消されておらず、新しい不確実要素が浮上しているためだ。 2021年の基本シナリオでは、世界の経済成⻑率はほぼ景気停滞に等しい水準まで低下す ...