アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

カーボンオフセット: 必要なツールだが、厳密な調査と 正確な条件の下でのみの解決策

  • 2021年9月14日 (3 分で読めます)

  • パリ協定で合意された目標であるネットゼロ(温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロとすること)の達成に向け、管理可能な移行を実現するうえで、排出量削減とカーボンオフセット(生産活動で生じた二酸化炭素の排出を植林による吸収などで相殺すること)が非常に重要な役割を果たすことになります。
  • ネットゼロを達成するには膨大なイノベーション、政策措置、技術展開、インフラ、国際協力が必要となり、そのいずれもが時間を要します。国際エネルギー機関(IEA)の報告書はネットゼロへの道筋を明確にするため、すべてのセクターとテクノロジーを対象に400件を超えるマイルストーンを設定しています。
  • 排出量削減に取り組む戦略を直ちに、技術が本格的に展開されるまでの短い期間で実行する必要があるとすれば、特に排出量削減が困難なセクターでカーボンオフセットは避けて通れないことは明白です。
  • カーボンオフセットは、企業が排出量削減に実際に取り組むのを回避するための抜け道となり、そうした回避行為を動機づけさえすることで、結局は「グリーンウォッシング」(うわべだけ環境保護に熱心に見せること)につながるとの批判に直面してきました。排出量を削減するための、あるいは収益性が高いものの汚染物質を排出する製品の生産量を削減するための明確な戦略を持たない汚染度の高い企業がカーボンオフセットを使用した場合に、そうした批判がされてきたのは仕方のないことです。
  • 本稿では、カーボンオフセットによる炭素排出量の削減が検証され、実行され、効果が永続的なものとなり、追加性(プロジェクトがない場合と比べた追加的な削減・吸収効果)が確保されるために精査すべき主な領域について概観します。
カーボンオフセット: 必要なツールだが、厳密な調査と 正確な条件の下でのみの解決策
Download full article (1.75 MB)

    【ご留意事項】

    当資料は機関投資家またはホールセールの投資家を対象としており、個人のお客様への配布資料ではありません。

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会