アクサIM、リサーチ関連費用を全額負担 

Press Release
2017/09/14

(日本語訳)
アクサ・インベストメント・マネージャーズ(以下「アクサIM」)の最高経営責任者(以下「CEO」)を務めるアンドレア・ロッシ(Andrea Rossi)は、次のように述べています。

 

「欧州第2次金融商品市場指令(以下「MiFID II」)の適用に備えるため、AXA IMは社内リサーチと社外で作成されたリサーチ資料の必要性を徹底的に分析しました。」

「アクティブ運用を行う資産運用会社として、当社にとってリサーチは投資プロセスの根幹を成すものです。ファンド・マネージャーも、お客様のニーズに最も合ったサービスを提供するため、広範囲にわたる社内リサーチと社外で作成されたリサーチ資料を併用して、最も効率的な投資プロセスを開発し、またアルファを獲得するのに最適な組入有価証券を見極めています。」

「当社はこれまでと同様、積極的なリサーチを行うことをお約束すると同時に、お客様のために利用する社外のリサーチ資料に関連する費用を、当社が全額負担することを決定しました。そうすることが、お客様にとって最善の結果をもたらし、お客様から頂戴する手数料を明確にし、かつお客様のために最高のサービスを提供するのに、最も適した方法だと考えるためです。」

「2018年1月3日から欧州でMiFID IIが適用されますが、MiFID II適用対象の口座だけでなく、それぞれ現地の規制が適用される世界中のすべてのファンドと顧客別ポートフォリオについても、アクサIMがリサーチ関連費用を全額負担します。」

 

- 以上-

 

アクサ・インベストメント・マネージャーズについて

アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)は長期的かつグローバルにわたる多様な資産に対してアクティブな運用を行う資産運用会社であり、お客様が投資を通じて運用目標を達成できるよう全力でサポートしています。アクサIMは投資のパートナーとして世界中の投資家に選ばれることを目指し、投資についての洞察と革新的なソリューションを提供してきたことにより、欧州最大の資産運用会社となっています。2017年6月末時点で約7,350億ユーロの運用資産残高を有し、29都市21ヵ国において2,350名余の従業員を擁し、グローバルな事業を展開しています。アクサIMは世界最大級のフィナンシャル・プロテクションと資産運用グループであるアクサ・グループの一員です。

アクサIMのウェブサイト:www.axa-im.com

ツイッター:@AXAIM

メディアセンター:www.axa-im.com/en/media_centre

 

 

重要事項

アクサ・インベストメント・マネージャーズUKリミテッドは、英国金融行為監督機構により、認可・規制を受けています。本プレスリリースは、プレスリリース当日現在のものです。本プレスリリースは金融行為監督機構が定義するところの金融営業活動に当たるものではなく、情報提供のみを目的としています。本資料に記載された内容は個人投資家に適さない場合があります。いかなる投資判断も、本資料の情報に基づいて下すべきではありません。

本資料はアクサ・インベスメント・マネージャーズが作成した英文資料を、お客様のご参考のためにアクサ・インベスメント・マネージャーズ株式会社が和訳したものです。当社は本資料における和訳の精度又は妥当性を表明するものではなく、和訳の際の誤脱並びに遺漏等あるいはその可能性について責任を負うものでもありません。

Related documents
Contacts
Tuulike Tuulas
+44 20 7003 2233
Tuulike.Tuulas@axa-im.com
Amy Butler
+44 20 7003 2231
Amy.Butler@axa-im.com
鈴木 南実子
03-5447-3176
namiko.suzuki@axa-im.com