債券運用とは

債券運用とは、世界各国の国債や社債に代表される債券市場への投資の総称です。ポートフォリオ全体における元本毀損リスクの低減に有効と考えられている運用手法でもあります。

絶え間ない進化

世界金融危機以降、債券市場は大きく変化しました。各国の中央銀行が膨大な量の流動性を金融システムに供給したことによって、債券の利回りは世界的に低下しました。しかし、金融市場が安定性を取り戻したことを受けて、中央銀行は流動性の吸収を検討し始め、長らく歴史的低位にとどまっていた金利にも、上昇の兆しが見え始めています。こうした債券市場の変化に対して、投資家は収益源を多様化するための新たな債券投資手法を模索しています。

当社の債券投資手法

債券市場において長期にわたって優れたリターンをあげるために重要なことは、クレジットとマクロ経済に関する本質的な調査・分析に基づき、損失を回避しながら複利効果を享受することです。当社の投資手法の根幹にあるのは、リスク管理に重点を置いた、強固で再現可能なグローバルな投資プロセスです。クレジット・金利・市場のリスクについて理解し、それらを適切に管理することによって、お客様に一貫したパフォーマンスをご提供します。

運用スタイル

債券運用に関する当社の専門性は、アクティブ運用とバイ・アンド・メインテイン運用に加えて、特定用途のための保険機能まで含みます。

アクティブ運用においては、主要な債券セクターにおけるベンチマーク戦略と、金利や信用リスクとの低い相関性を持つパフォーマンスを目指すフレキシブル戦略をご提供しています。また、お客様のニーズに応じてカスタマイズしたソリューションもご提供しています。

バイ・アンド・メインテイン戦略では、市場の非流動性という課題に対する答えをご提供しています。本質的な信用リスクと保守的なポートフォリオ構築に焦点を当て、短期的なリターンの変動性を抑制しながら、長期的な運用利回りの最大化を目指します。

「当社では客さまのニーズに焦点を当て、世界の債券市場を網羅した、最適なソリューションを追求しています。」
コアインベストメント部門グローバルヘッド ハンス・ストーター

本ページは情報提供のみを目的としており、AXAインベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

投資リスクおよび費用について

当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

Twitter logo  LinkedIn logo Facebook logo  Youtube logo