マルチアセット

より良い明日を迎えるために

続きを読む

マルチアセット運用とは

マルチアセット運用とは、単一ポートフォリオ内で複数アセットクラスへの投資を組み合わせる手法で、投資家がリスクを分散しつつ所定の運用成果を狙い、長期目標を達成することに資するものです。マルチアセットファンドは一般に、アセットアロケーションも銘柄選択も市場の変化に合わせて適宜機動的に調整していくため、パフォーマンス創出に向けた柔軟性を備えています。

マルチアセット運用は、かつての単なる株式と債券の組み合わせから大きな進化を遂げました。現在のマルチアセット運用は、コモディティ、デリバティブから不動産に至る多種多様なアセットクラスを網羅し、投資家の運用目標達成への貢献を目指しています。

マルチアセット運用のメリット

不透明感が増す世界で、最適な投資ソリューションを見出す難しさを投資家は実感なさっているでしょう。主要アセットクラス全てで投資を行うマルチアセット運用は、以下の面で貢献いたします。

不透明性の高い市場を乗り切る

マルチアセットファンドは高い柔軟性が特徴です。多彩なリスク緩和策を駆使し、投資家がボラティリティや不測の事態に対処するだけでなく、これらを投資機会として活用することも可能とします。

投資をより手軽に

今日の複雑な金融市場において、マルチアセット運用による分散投資は、投資家自身でアセットアロケーションを組むよりもシンプルで低コストかつ時間もかからない方法と考えられています。

投資目標の達成

マルチアセットファンドは多様なアセットクラスの最も好ましい特質を組み合わせることで、元本確保、元本成長、インカムなど、各投資家が望む運用成果の実現に貢献します。

投資家の運用目標達成をお手伝いする多彩な選択肢

元本成長

「元本成長」とは、投資家の長期的な資産形成を重視する運用戦略で、短期的にはある程度のリスクも取るのが一般的です。

想定する投資家層

退職や住宅購入といった大きなライフイベントに備え、資金を増やしたいと考えている方々。

 

元本確保

「元本確保」とは一般に、元本を守り損失を防ぐことに重きを置く、より保守的な運用戦略を指します。

想定する投資家層

子育て費用などの日常生活費に支障を来さないよう、現状資産の維持を目指す方々。

 

インカム創出

「インカム創出」とは、債券の受取利息や株式の配当金などを基に、投資家に安定した現金収入をもたらし続けることを目指す運用戦略です。

想定する投資家層

経常的な支出の原資として、または退職等の特定の状況を支えるため、定期的な収入を望む方々。

ヴィジュアル:マルチアセット

マルチアセット運用でアクサ・インベスメント・マネージャーズを選ぶ理由

刻々と変わり続ける市場で適切なアセットアロケーションを構築し維持していくには、時間がかかるだけでなく専門知識も必要です。長期アクティブ運用における実績と投資哲学を誇る当社は、投資家の運用目標達成に貢献できるよう、運用のプロとしての経験と市場知識を生かし、強い確信に根差した投資を実行しています。

15年超の経験[A1] を有する当社チームが確信を抱くまでの過程は、市場機会を捉えるための強固な定量的ツールや、市況悪化のポートフォリオへの影響を抑制するダウンサイドリスク管理技法に裏打ちされています。

ジャッジメンタルなマルチアセット運用プロセス

当社では長期的な運用成果を目指す投資家を支えるため、経験豊富な運用プロフェッショナルの判断を結集してアセットアロケーションや銘柄選択を行っています。いかなるものであれ運用に関する決定を下す際には必ず、「MVST」と呼ぶマクロ経済(M)、バリュエーション(V)、センチメント(S)、テクニカル(T)の4要素から成る枠組みに基づき、確信を持つに至った根拠を精査しています。

定量的知見による裏付け

続いて、こうした確信を信頼性の高い定量データと分析を用いて検証します。その際に活用するのが、当社ポートフォリオ運用チームが見出してきた150に上る独自の投資シグナルです。これにとどまらず、市場の動きを把握するため、新たなシグナルの開発努力も日々続けています。

多層的リスク管理手法

投資家が予期せぬリスクに対処するだけでなく想定外の事態にも備えられるよう、下記のような多層的リスク管理手法を採用しています。

マルチアセット運用における多層的リスク管理手法:

  • 構造面

    長期的にリスクを低減すべく、十分に分散したポートフォリオを構築しています

  • 戦術面

    市場ストレスにつながり得る既知の事象を織り込んだ、柔軟なアロケーションを行なっています

  • オポチュニスティック面

    未知の事象や市況の急変に備え、流動性の高いヘッジ戦略を採用しています

  • ESGの組み入れ

    ポートフォリオ運用にも環境・社会・ガバナンス(ESG)への配慮を組み入れています

当社は、グローバルな視点を生かして各国の投資家のニーズにお応えすることを目指しています。各国の事業拠点の連絡先や詳細については、拠点のご案内ページ(英語)をご覧ください。

複雑性が増す困難な投資環境に最適な投資商品を、既存商品から完全なオーダーメード商品まで多種多様にお届けできるよう、
今後も投資家の皆様に貢献してまいります。
アクサ・インベストメント・マネージャーズ
コアインベストメント部門グローバルヘッド(マルチアセット、債券担当)

ハンス・ストーター

  • 2440億ユーロ

    運用資産残高

  • 98名

    運用プロフェッショナル数

  • 1,000社超

    顧客数

  • 20年超

    運用実績年数

注:データはすべて2019年9月現在のものです

Twitter logo  LinkedIn logo Facebook logo  Youtube logo