2020/07/28

アクサIM、2020年上期のスチュワードシップ・レポートを公表: コロナ危機にもかかわらず活動拡大

Press Release

アクサIMは2020年上期のスチュワードシップ・レポートを発表しました。本レポートは、アクサIMの今年上期のエンゲージメント活動や議決権行使の状況を解説しています。

詳細はこちら

2020/07/08

アクサIM、先進国および新興国の企業に対しジェンダー・ ダイバーシティに関する議決権行使を拡大へ

Press Release

アクサIMは、ジェンダー・ダイバーシティに関する議決権行使の拡大を発表しました。 これは、当社が投資する世界中の企業に対する影響力を高め、ガバナンス基準を改善させるためです。

詳細はこちら

2020/05/06

アクサ IM、医薬品アクセス財団と提携、インパクト戦略におけるフィランソロピーメカニズムも開発

Press Release

アクサ IM、医薬品アクセス財団と提携、インパクト戦略におけるフィランソロピーメカニズムも開発  50万ユーロを医薬品アクセス財団へ寄付  インパクト戦略の運用管理費用の5%を寄付

詳細はこちら

2020/03/10

アクサ IM 、2つの主要な戦略的事業部門を通じて将来の発展をけん引: 顧客価値を高め、事業モメンタムを押し上げ

Press Release

•オルタナティブ・インベストメント事業部門(アクサ IM オルツ)を設立、イザベル・セママが責任者に就任 •コア・インベストメント事業部門(アクサ IM コア)を強化、ハンス・ストーターが責任者に就任 •アクサ IM ブランドの下で2事業部門は運営され、既存の横断的なグローバル機能を活 「当社は、伝統的資産クラスとオルタナティブ資産クラスの両方を活用することで、現在の利回り追求のトレ ...

詳細はこちら

2020/02/13

アクサ・インベストメント・マネージャーズ、2019年度スチュワードシップレポートを公表 -環境と社会にプラスの成果をもたらす道筋-

Press Release

•アクサIMが2019年に行なったエンゲージメント(投資対象企業との建設的な対話)の40%以上は、気候変動に関するものでした。1 •アクサIMは、2019年に217の発行体とエンゲージメントを行ない、6,016の株主総会に投票し、64,439の企業決議 に投票しました。2 •2020年以降、アクサ IM のスチュワードシップ・チームが注目する主要分野には、気候変動、生物多様性の喪失、ダイバーシテ ...

詳細はこちら