アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
視点:チーフエコノミスト

金融引き締め加速

  • 2022年6月20日 (7 分で読めます)

キーポイント

  • 米国とユーロ圏で金融引き締めが急加速している。
  • ECBによるユーロ圏内のソブリン資金調達コスト差拡大に対する防止措置が7月に発表される予定である。弱いユーロ圏加盟国への支援(債券購入)のために、他の加盟国の債券を売却するという方針に関して当社は懸念している。
  • フランスの与党連合は(先日の下院選挙では敗北したものの)議会で最大勢力を模索し議会運営は可能かもしれないが、戦いを選ぶ必要があろう。

先週のFRBの75bpの利上げと、年末までに政策金利をかなり上限的な領域に引き上げるとの予測は、金融引き締めで出遅れたとの非難を払拭し、インフレ抑制に「本腰を入れる」意志を反映しています。そして、そう遠くない将来に多少の緩和を許容する(予測には2024年の利下げが含まれている)姿勢を示しています。しかし問題は、FRBによる異例の速さの引き締めペースは失業率にわずかな影響しか与えないが、このわずかな悪化でもインフレを決定的に抑制するのに十分だとFRBが考えていることです。FRBは、実際の雇用をあまり破壊せずに単に求人を減らすだけで、賃金に圧力をかけるには十分だと考えているのかもしれません。しかし、懸念されるのは、金融環境がすでにかなり引き締まっていることです。米国企業の平均資金調達コストは、2008-2009年の世界金融危機の終結以来、最も高い水準にあります。このことは、今後数ヶ月間の企業の支出判断に影響を与えるでしょう。FRBは引き締めに伴う痛みを意図的に軽視していると思われます。

ユーロ圏社債市場における資金調達コストは、2012年以来の高水準に戻りつつあります。ECBは年末までに政策金利を中立金利の域に引き上げたい意向ですが、企業の金融環境はすでにその域に達しています。当社は常に、金融政策は遅れをとると考えていますが、現時点では、予想される引き締めは非常に迅速に経済に伝達する可能性があります。しかし、当面の焦点はソブリンの資金調達コストに絞られます。ECBは先週、ソブリン資金調達コスト問題に対する解決策に言及しましたが、当社は、市場が、導入されうるソブリン資金調達コスト差拡大への防止措置がはらむ困難を過小評価しているとの見方を改めて示します。脆弱なユーロ圏加盟国の債券購入を、他の加盟国の債券売却により相殺すること(いわゆる「不胎化」を意図)を示唆していることを、当社は懸念しています。

ユーロ圏の各国政府は、市場の引き締めに伴う財政運営の余地縮小を乗り切るのに苦労することになるでしょう。なお、フランス国民議会(下院)選挙で与党連合が絶対多数(過半数)を失ったため、たとえ憲法が相対多数での政権運営を支えているとしても、難しい状況になったと言えるでしょう。  

記事の全文(英語)をダウンロード
PDFダウンロード (518.87 KB)
視点:チーフエコノミスト

亀裂が生じ始める

  • by Gilles Moëc
  • 2022年6月27日 (7 分で読めます)
マクロ経済リサーチ

ウクライナ危機に関するアップデート:金融市場、世界経済の成長、インフレについての見通し

  • by AXA Investment Managers
  • 2022年4月4日 (7 分で読めます)
マクロ経済リサーチ

ウクライナ危機:市場および世界経済への影響は

  • by AXA Investment Managers
  • 2022年3月2日 (7 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会