アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
環境

ウクライナ危機と保険会社への影響

  • 2022年5月26日 (7 分で読めます)

キーポイント

  • ウクライナ危機は金融およびマクロ経済に著しい影響を及ぼし、保険会社にすでに重くのしかかっている責務を増幅しています。
  • インフレ圧力が収益性の妨げとなり、バランスシートに混乱を起こしています。インフレリスクは資産・負債総合管理(ALM)および投資戦略に組み込まれるべきです。デュレーションギャップに細心の注意が必要です。
  • 戦争に関連する保険損失は、保険会社にとって管理可能であるべきですが、全般的な不確実性、変動性、下振れリスクは資産ポートフォリオにより多くの保険と迅速性を要求するものす。
  • 戦争が気候変動対策計画に支障をきたしても、それが物理的および移行リスクを軽減するわけではありません。このため債務および資産の双方で、気候リスクの統合の加速が必要になります。ウクライナ危機が現行の規制プロセスを減速させる模様はなく、保険会社はこれらのリスクを管理する体制を整えなければなりません。

ウクライナ戦争が保険会社の重責を増幅

保険会社は2022年初旬、対処すべき様々な問題を抱えていました。とりわけ経済・金融制度で予想されていた変更および、幾つかの重要な規制の整備が進行中でした。

消費需要の著しい回復に加えて、新型コロナウイルス関連で長期化する供給サイドの混乱が、すでに供給の行き詰まりを引き起こし、インフレ率は数十年来のレベルに達していました。その時点では当社の中心的なシナリオは、パンデミック・ショックが徐々に吸収され、世界のサプライチェーンが正常に戻ることで、持続的成長とインフレの減速が実現し、金融政策は消化できるペースで正常化するといったものでした。

とは言うもののインフレ、金利、さらなる変動性に関する不確実性により、保険会社のバランスシートと資産ポートフォリオにはすでに、さらなる慎重さとレジリエンス(回復力)が求められていました1

ウクライナ危機は投資家を震撼させ、世界経済および金融市場、とりわけ欧州に大きな影響を与え続けています。変動性が高まり、株式市場は下落し、クレジットスプレッドは、特にロシアに直接または間接のエクスポージャーがある企業で拡大しました。欧州は石油および天然ガスを大きくロシアに頼っており、そのことが上昇するインフレをさらに加速させています。図表1は、高まるインフレ圧力がインフレ期待をさらに押し上げていることを示しています。

  • No immediate storm ahead but insurers should use the lull to build portfolio resilience – AXA IM – January 2022
図表1:5年/5年先物インフレスワップ – ユーロ対米ドル
出所:Bloomberg – アクサ IM

戦争勃発時の質への逃避は一時的で、市場参加者は中央銀行のタカ派態勢に安心し、早々にさらなる大幅な利上げ予想を価格に織り込み、これが債券ポートフォリオに著しい影響を与えました。高インフレは実質所得に打撃を与え、消費者心理を低迷させ、金融引き締め政策の規模および成長への影響に関して引き続き懸念を呼び起こしています。

労働市場は好調で、企業への融資条件は引き続きまずまずであり、収益成長も続いていますが、不確実性が上昇しています。サプライチェーンの混乱、特に新型コロナウイルスの再流行への対応策として中国で導入された新たな制約による混乱および地政学が、GDP 成長率に影響するとみられます。また、インフレ動向や金融引き締めのペースについても不確実性が高いため、金融市場における乱高下をより頻繁に引き起こすことになると思われます。

成長が停滞する一方で物価が上昇する「スタグフレーション」が話題になっており、市場崩壊も信用収縮も今のところ見られないながらも、ALMの強化および保険ポートフォリオのレジリエンス構築を求める声は、3カ月前よりさらに高まっています。

記事の全文はこちら
PDFダウンロード (352.6 KB)
Investment Institute

専門家と運用チームが主なリサーチとインサイトをご紹介

詳細はこちら
環境

ウクライナ危機が気候変動にもたらす影響

  • by David Page , Olivier Eugène
  • 2022年6月6日 (10 分で読めます)
環境

地政学 vs. ネットゼロへの競争

  • by AXA IM Investment Institute
  • 2022年5月30日 (5 分で読めます)
環境

ウクライナ危機が市場にとって意味すること – そして気候変動との闘い

  • by AXA IM Investment Institute
  • 2022年5月26日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会