アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
視点:チーフエコノミスト

ミッドサマー・ブルース(欧米に漂う真夏の憂鬱なニュースフロー)

  • 2022年8月1日 (7 分で読めます)

キー・ポイント:

  • 米国は依然として「本格的な景気後退」に陥っていない。米国では労働市場の動向が重要であり、米連邦準備制度理事会(FRB)は警戒を解く前に賃金上昇減速の明確な兆候を見たいであろう。

    ユーロ圏の4~6月期GDPは予想を上回る成長となったが、内容は脆弱である。ロシア産天然ガスを欧州に供給する「ノルドストリーム1」パイプラインは、能力の20%まで減らされていることが大きなリスクとなっており、欧州中央銀行(ECB)に重要な問題を提起している。

米国の4~6月期のGDPは2四半期連続でマイナス成長となったことから(「テクニカルリセッション」を示唆)、景気後退の定義に関する議論が盛んになっています。当社の見解は極めてシンプルです。確かに2022年前半の経済の縮小要因は「本格的な景気後退」と認定するには計測範囲が狭すぎるかもしれませんが、基本的なシグナル、特に消費の下支えの弱まりは懸念材料である、ということです。景気後退については、大幅な失業が主要因となるはずです。しかし、失業保険申請件数に幾分その初期兆候が見られるにもかかわらず、今のところ大幅な失業の兆候は見られません。これはFRBにとって重要です。FRBは新ケインズ派的なアプローチを諦めておらず、(物価上昇と失業の関係を示した)フィリップス曲線をまだ信じており、労働市場の悪化が賃金上昇の減速を引き起こすことを望んでいます。このため、今後数回の雇用統計の発表が重要であり、統計発表に伴い大きなボラティリティが発生する可能性があります。市場は今のところFRBの引き締め局面を見極めようとしていますが、FRBは簡単には警戒を解こうとしないでしょう。

ユーロ圏の4~6月期GDPは市場予想を上回り、米国とは対照的な結果となりました。しかし、このアップサイドサプライズの詳細を見てみると、ユーロ圏の基本的な状況は依然として極めて脆弱であることを示唆しています。新型コロナ感染拡大に伴うロックダウンから再開後のキャッチアップは、欧州の方が米国より遅れて始まっています。このキャッチアップ効果がなくなると、当社はユーロ圏のGDPも減少すると予想していますが、減少幅は欧州連合(EU)に供給されるロシア産天然ガスの量に依存するとみられます。当社の試算では、ロシアがノルドストリーム1を通じて供給するガスを容量の20%に抑え続けた場合、ドイツとイタリアはロシアからの直接供給だけでは冬を越せなくなり、他の配給に頼る必要が出てきます。つまり、EUレベルでの天然ガスのリソースプールに頼らざるを得なくなり、景気後退の行方もその影響を受けます。その一方で、ノルドストリーム1の小規模な20%の供給は、ロシアの観点からは最適なレベルであり、ロシアは欧米に対する大きな圧力を維持しつつ、物価上昇を考慮すると適切な外貨収入を得ることができます。ガス配給が引き金となった景気後退局面でECBがどのような行動を取るかが鍵になります。今のところ、ECBはさらなる利上げに踏み切るのが自然な流れと思われます。ECBのタカ派的レトリックがトーンダウンするには時間がかかるかもしれませんが、市場は焦っています。


注:Macrocastは8月はこの後休刊いたします。皆様どうぞ良い夏休みをお過ごしください。

記事の全文(英語)はこちら
PDFダウンロード (483.18 KB)
視点:チーフエコノミスト

メローニ党首は軟化するのか?(続くECBとイタリアの駆け引き)

  • by Gilles Moëc
  • 2022年7月25日 (7 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

(ECBに)早くもやって来る試練の時

  • by Gilles Moëc
  • 2022年7月18日 (7 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

お金がなる魔法の木が枯れる(またはMMTの限界)

  • by Gilles Moëc
  • 2022年7月11日 (7 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会