アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

top banner

ポートフォリオ・マネージャーが語るフィンテック戦略への新型コロナウイルスの影響

  • 2020年6月10日 (10 分で読めます)

  • 新型コロナウイルスの感染拡大の悪影響にもかかわらず、フィンテック分野は堅調な事業トレンドと強靭な成長見通しを有しているため、依然として極めて魅力的です。

 

  • 新型コロナ危機が、フィンテック戦略の3つのサブテーマである「キャッシュレス・ビジネス」(デジタル決済や決済インフラ等)、「フィンテック技術基盤」(セキュリティー、ブロックチェーン等)、「次世代金融リーダー」(新サービスを導入し、市場をリードしていく金融機関)の成長を加速させると予想しています。

 

  • フィンテック戦略は、バランスシートが強固で構造的に成長が見込める企業にフォーカスしており、新型コロナ危機後の世界を見据えたポートフォリオであると確信しています。

    ご留意事項

    当資料は、金融商品取引法で定義されている適格機関投資家を対象としております。

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会