アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

グリーンエネルギーがバブルの領域とは思われない理由

  • 2021年4月13日 (3 分で読めます)

本レポートは、アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサ IM)のリサーチ専用ウェブサイト「Tomorrow: Augmented」に2021年4月13日付で掲載された英語原文を抄訳したものです。なお、英文の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。

 

昨年は、グリーンエネルギー(再生可能エネルギー関連)に対する企業および投資家の全般的姿勢に並外れた変化が起こりました。環境、社会、ガバナンス(ESG)投資ユニバースで以前見られたいかなるトレンドも凌駕する持続可能性への移行が経済の多くの分野で展開され、特にクリーンエネルギー(基本的に環境負荷が小さいエネルギー)で顕著でした。

クリーン、スマートで効率的なエネルギーへの巨額投資を見越して、多数のグリーンエネルギー銘柄が2020年に2倍以上に値上がりました。クリーンエネルギー銘柄指標のひとつ「ナスダック・クリーン・エッジ・グリーン・エナジー指数ファンド」は昨年、約204%上昇しました1

このようなリターンは驚異的であり、当然ながらこういった銘柄のバリュエーションに関する疑問が浮上しています。これに対して当社は、個別銘柄の適切なファンダメンタルズ分析、事業機会、競争上の地位、およびバリュエーションを熟考した上で説明が可能と考えます。

グリーンエネルギーセクターにおいて明日の勝者企業を見極めるには専門知識が必要です。それでも、この市場の背後にはダイナミズムがあります。エネルギー移行はすでに始まっており、追い風に乗っています。多様な事業機会がすでにふんだんに存在するだけでなく、イノベーションのペースは加速しており、潜在的投資に向け新たな分野を生み続けています。

  • First Trust NASDAQ® Clean Edge® Green Energy Index Fund (QCLN) (ftportfolios.com) https://www.ftportfolios.com/Retail/Etf/EtfSummary.aspx?Ticker=QCLN
グリーンエネルギーがバブルの領域とは思われない理由
Download full article (1.12 MB)

    ディスクレーマー

    当資料は、金融商品取引法で定義されている適格機関投資家を対象としております。

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会