アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
視点:チーフエコノミスト

(ECBに)早くもやって来る試練の時

  • 2022年7月18日 (7 分で読めます)

キーポイント:

  • ECB(欧州中央銀行)は、ユーロ圏のフラグメンテーション(分断、ユーロ圏の一部の国の国債利回りが不適切に上昇すること)防止策を検討しているが、イタリアの政治危機に直面し、防止策の重要な部分に大きな影響がありそうで、難しい仕事となるだろう。
  • 米国では、市場はすでに一連の利上げ後に何が起こるかに注目している。

ECBは今週木曜に理事会を開催しますが、容易な状況ではないとみられます。25bpsの利上げの予定自体は6月に事前公表されていますが(理事会メンバーから聞こえてくる声からは、より大胆な利上げに向けた強い熱意は感じられず、これはおそらく9月まで待たされるでしょう)、ECBはまさにローマで政情不安が再燃し、イタリア(とドイツの10年債)のスプレッドが拡大しているときに、フラグメンテーション防止策の詳細を発表する予定です。したがって、この新しい枠組みは、想定よりはるかに早く試される可能性があります。イタリアで進行中の政治劇は、フラグメンテーション防止策に関して少なくとも2つの重要な問題について疑問を投げかけています。すなわち、防止策導入について「軽い条件付け(マクロ経済政策などで、ECBが支援を受ける国との正式な合意を必要としないもの)」となるのか、そして、防止策を用いることができる「適切な状況」とは一体どのようなものなのかということです。実際、現在ローマの連立政権を苦しめている議論のいくつかは、「軽い条件付け」の適切なベースと広く見られている「ネクストジェネレーションEU(NGEU、新型コロナ危機後の次世代EU基金)」に付随する改革アジェンダに関連しています。さらに、もしスプレッドの拡大が、加盟国国内の政治的選択によってもたらされた本質的なリスクプロファイルの変化によって引き起こされた場合、ECBは正当な対抗策を講じることができるのでしょうか。当社の懸念は、木曜にECBが発表する内容が、イタリアの債券市場を補強するために「騎兵隊が迅速にやってくる」ことを市場に知らせるには、まだ曖昧すぎるか、範囲が狭すぎる可能性があることです。

一方、米国では、「インフレのピーク」は、特にコア(消費者物価指数)では依然として捉えどころがありません。それでも、リスクフリーレート(米国債利回り)は下がり続けています。投資家は、すでに米連邦準備制度理事会(FRB)の政策による中期的な影響(高い景気後退リスク、最終的には利下げを余儀なくされる見込み)に注目していますが、市場および家計のインフレ期待はともに改善しており、FRBが依然として十分な信認を保っていることを示唆しています。しかし、この信認の条件は、まずFRBが一連の利上げを素早く実施することにあります。インフレ期待のメッセージと、最近のリスクフリーレートの低下にもかかわら ず、ほとんどの企業にとって融資条件は依然として引き締め的な領域にあるため、先週のカナダ銀行(中央銀行)の100bpsの利上げのような過激な選択肢への支持は弱まっているでしょう。ほんの数カ月前までは、75bpsも一挙に利上げすることは無謀に思えたでしょう。この利上げ幅を超えないのが安全だと考えられます。

記事の全文(英語)はこちらから
PDFダウンロード (562.94 KB)
視点:チーフエコノミスト

ミッドサマー・ブルース(欧米に漂う真夏の憂鬱なニュースフロー)

  • by Gilles Moëc
  • 2022年8月1日 (7 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

メローニ党首は軟化するのか?(続くECBとイタリアの駆け引き)

  • by Gilles Moëc
  • 2022年7月25日 (7 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

お金がなる魔法の木が枯れる(またはMMTの限界)

  • by Gilles Moëc
  • 2022年7月11日 (7 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会