アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

ESG分析:「移行期」企業から「リーダー」企業へ

  • 2022年7月13日 (5 分で読めます)

当社の長年の信条は、質の高いファンダメンタル株式分析が、良好な投資成果をもたらす最良の機会を提供するということです。

そしてそれは、環境・社会・ガバナンス(ESG)への配慮という点でも、何ら変わることはありません。ESG分析は、株式銘柄選択プロセスの不可欠な部分であり、当社は最初からESGを銘柄選択の中心に据えています。

しばしば、第三者機関のESGスコアだけに頼った方が簡単ではないかとの質問を受けます。確かにそうですが、第三者の分析だけに頼った場合、当社独自の分析を行うことで得られる多くの知見が失われることになると考えています。 

さらに、当社は多くの銘柄に投資しており、格付け会社が当社の関心のある企業をすべてカバーしているわけではありません。例えば最近、当社のある戦略の保有銘柄のうち3社について、規模が小さすぎてカバーし続けることができないと格付け会社に判断され、カバーが外されました。

ESGに関する課題

当社独自のESG分析を行うことで、特定の企業にとって最も重要であると思われる主要なESGリスクおよび機会の追求に注力できます。これまでの当社の経験から、第三者機関のESG分析の結果に同意できないことがあります。

当社は、お客様の資金に基づく長期的な株式保有者として、すべての企業のESG分析が重要なのです。当社は、独自分析を行った後、経営陣とのエンゲージメントを図ります。これは、経営陣に対して批判やおだてをするためではなく、企業の事業を十分に理解し、知識のギャップを明らかにし、経営陣に対してさらなる進歩を促すためです。それは、旅を共にするようなパートナーシップを意識して行われる、整然とした、オーダーメイドの、そして協力的なプロセスです。

当社は、変化が一夜にして起こるものではないことを理解しています。しかし、変化は必ず起こるものであり、企業が適切な方向へ踏み出すことが必要不可欠なことも理解しています。だからこそ、環境と社会の両方の重要性を理解している経営陣を見極めることが大切です。重要なことは、必ずしも旅の途中でどこにいるかではなく、旅の方向性を示すことです。

ファンダメンタル分析

企業とのエンゲージメントを通じて、当社では、格付け会社よりも早く企業の方向性が見えてきます。当社は、次の年次報告書に記載されたり、ESGスコアに反映されたりするよりもずっと前に、企業のどこに変化が起きているかを知ることができます。

このような理由から当社は、ESGの「リーダー」企業や、「リーダー」への「移行期」であると判断した企業に投資しています。分析により、当社は、保有銘柄のスコアが向上しつつあると確信しています。実際、当社の最近のスコア更新では、5社のスコアが投資可能なユニバースの中央値を上回り、「移行期」から「リーダー」へとステータスが上がりました。

こういったESG重視の動向が、短期的に株価上昇につながるかどうかはわかりませんが、企業の成長機会は、ESGを重視しない場合には影響を受ける、と当社は確信しています。

時代の変化

ESG分析は単なる学術的な考察ではありません。そして当社は、自信を持って、企業が変革しつつあると表明します。企業は、二酸化炭素排出量の把握に努め、より環境に優しい製品、サービス、包装などへ資金を投入し、そして、サプライチェーンの人的・環境的影響の把握、従業員や事業所のある地域社会の福祉向上などに熱心に取り組んでいます。これは真の変化であり、真の進歩であり、皆が必要とする世界に近づくためのものです。

当社は、社会や環境に調和しようとしている企業に投資することで、中長期的にお客さまに魅力的なリターンを提供できればと考えています。

株式

QUICK TAKE: トム・ライリーがロボテック戦略に情熱を傾ける理由

  • by Tom Riley
  • 2022年7月26日 (3 分で読めます)
株式

生物多様性は炭素排出量と同様に重要

  • by Amanda O’Toole
  • 2022年7月18日 (5 分で読めます)
株式

ロボテック戦略月次レター:長期的な投資機会を追求

  • by AXA Investment Managers
  • 2022年7月12日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会