アクサIMエグゼクティブ・チェアマンのマルコ・モレリ、東京都主催のサステナブル・ファイナンス・フォーラムで講演

アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)のエグゼクティブ・チェアマンであるマルコ・モレリは、10月15日に開催された「東京・サステナブル・ファイナンス・フォーラム」(東京都主催)で、「サステナブル資産運用の最前線から」と題した講演を行いました。同フォーラムは国内外の公的機関、金融機関、金融業界団体の関係者を対象とし、急速に拡大しているサステナブル・ファイナンスに関するグローバルな動向や課題などが取り上げられました。

モレリの講演ビデオはこちらのリンク(オリジナル版同時通訳版)からご覧ください。講演要旨は以下の通りです。

アクサIMは、サステナビリティおよび責任投資に真剣に取り組んでおり、大きな関わりがあります。これはアクサグループでも同様です。なお、当社は1兆ドルの資産を運用しており、日本ではその前身を含めると20年以上事業展開を行っています。

資産運用会社(アセットマネージャー)がサステナブル投資で推進すべき要素としては、まずサステナブル関連が原因で価値を失いかねない資産への投資を回避することがあります。次に、ESGでアルファ獲得の投資機会を追求すること。そして社会における資産運用会社の役割があります。社会および投資家は今、投資の側面としてサステナビリティを重視するようになっています。投資商品ラインナップにおいて、ESGはもはや「あればいい」ものではなく、必須となっています。

こういった状況を背景に、アクサIMを含めたグローバルな資産運用会社により、2020年に「ネットゼロ・アセットマネージャーズ・イニシアチブ」が設立されました。2050年までの温室効果ガス排出のネットゼロを目指します。128社が参画しており、運用資産残高の合計は43兆ドルに達しています。

また、新型コロナウイルス感染拡大により、ESGを統合する上でのリスク・リターンの機会が拡大しています。新型コロナによって、よりサステナブルな状況への回復ニーズが高まり、「E」が重要になっています。また、新型コロナにより、「S」の側面(失業対策、ヘルスケアへのアクセス、労働環境)も注目されるようになっています。そして「G」も引き続き重視されています。

しかしながら、ESG統合にあたって資産運用会社には4つの主な課題があります。第一は共通基準の欠如です。ESGに関する報告基準や語彙は各国でばらばらなため、比較や分析が困難になっています。欧州連合(EU)内においては、非財務報告指令の改訂が進んでいますが、世界的な非財務報告基準の統一が必要です。第二は、一貫性があり信頼がおけるデータの欠如です。様々なデータプロバイダーが多くの情報を提供しており、同じ指標であってもプロバイダーによってデータが異なります。第三は、ESG分析を実施する上での複雑性です。ESGや気候に関連した方法論は発展途中であり、ポートフォリオ構築や顧客に説明する上では複雑です。第四は、トランジション・ファイナンスの必要性です。資産運用会社はESGにおけるリーダー企業に注目すべきですが、その一方で、移行期にある企業の投資機会にも着目すべきです。つまり、現在のESGスコアが優れていなくても、移行によりESGスコアの大きな改善が見込まれる企業への投資を指します。

そして、資産運用会社の全般的な側面を見たいと思います。アクサIMは「投資家」としては、運用プロセスにおいてESG統合の最大化に努め、ESGの改善を目指す企業の移行を支援し、そしてインパクト投資を行っています。「事業会社」としては、ESG課題に対する自社の対応や管理方法を開示しています。例えば、自社のカーボンフットプリントです。「雇用主」としては、新たな雇用慣行を導入しています。自由勤務時間制、メンタルヘルス・サポート、新スキル取得のためのトレーニング、組織の様々な階層におけるダイバーシティなどです。

また、サステナビリティの実施には3者のステークホルダー(政策決定機関、企業、投資家/資産運用会社)による集団的な取り組みが必要で、それぞれに大事な役割があります。政策決定機関は明確な政策を打ち出す必要があり、同時にサステナビリティの範囲や定義をはっきりさせる必要があります。企業は、事業運営や財務面だけでなく、環境的な課題への取り組みに関する情報を積極的に開示すべきです。資産運用会社は、ESG・責任投資に関する指標をより早くより深く分析できるようにし、資産運用会社またはその投資商品において、いかにESG・責任投資の要素が統合されているかを開示する必要があります。

11月上旬に英グラスゴーで開催される第26回国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP26)のサイドイベントとして開かれる「世界気候サミット(投資関連のCOP)」は、そういった全てのステークホルダーが参加するユニークな機会となります。ステークホルダーは、ESGに関する高次元での一般的なメッセージを具体的かつ明確なものにすべきで、そしてインパクトをもたらすものにすべきでしょう。

Contacts

佐藤玲奈

+81 3 5447 3152

Reina.SATO@axa-im.com

アクサIMについて

アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)は責任ある資産運用会社であり、長期的なアクティブ運用を行うことで、お客様、従業員、そして世界の繁栄を支援しています。当社の確信度の高い運用アプローチにより、代替資産クラスおよび伝統的資産クラス全般で最も良好な投資機会と考えられるものを追求しています。2021年6月末時点で約8,660億ユーロの運用資産残高を有しています。

アクサIMは、グリーン、社会、サステナブル市場における先進的な投資家であり、2021年6月末時点で5,680億ユーロにおよぶESG(環境、社会、ガバナンス)統合済みのサステナブルおよびインパクト資産を運用しています。当社は、2050年までに、全運用資産における温室効果ガス排出のネットゼロ達成をコミットしており、株式銘柄選択から企業行動や文化に至る当社の事業にESG原則が組み込まれています。当社の目標は、社会と環境に有意義な変化をもたらしつつ、お客様に真に価値のある責任投資ソリューションをご提供することです。

2021年6月末時点で、アクサIMは20カ国26拠点において2,488名超の従業員を擁し、グローバルな事業を展開しています。アクサIMは、世界最大級の保険および資産運用グループであるアクサ・グループの一員です。

投資リスク及び費用について

当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。

また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

【ご留意事項】

当資料は、アクサ・インベストメント・マネージャーズの情報提供に基づき、アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社が翻訳・作成した資料です。 英文の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。

当資料は、情報提供を目的としたものであり、特定の有価証券その他の投資商品についての投資の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。

当資料は、信頼できると判断された情報等をもとに作成しておりますが、正確性、完全性を保証するものではありません。 当資料の内容は、作成日時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。当資料に記載された運用実績等に関するグラフ・数値等はあくまでも過去の情報であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

当資料を事前の了承なく複製または配布等を行わないようにお願いします。

アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社

金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号

加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

Ref-22956