アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

ネットゼロへの歩み

気候原則

当社の気候変動対策の原則

ネットゼロの世界への道のりは困難であり、総合的な取り組みが必要です。個人、企業、政府のそれぞれが役割を果たさなければなりません。この課題を解決するための答えや道はひとつではありませんが、当社は、投資の選択、提供する投資商品、エンゲージメントや議決権行使、そして事業の運営において、ネットゼロを先導していきたいと考えています。当社は、「パーパス」を伴い、より大きな貢献のためにアクティブ運用を行っています。そして当社は確信をを持ってお客様に長期的な価値を提供しています。

確信を持って行動

当社では、受託者責任はお客様へのリターン提供に留まらないと考えています。それは、責任ある投資を行い、気候変動対策を推進し、私たちが生きている世界の長期的な持続可能性を確保することも含まれます。2021年時点では、当社の運用資産残高の41%は、2050年またはそれ以前にネットゼロに到達する方向にあり、2030年までに、これらの資産のCO2排出量は2019年と比較して50%減少すると予想されています。当社の目標は、2022年にネットゼロに沿った運用資産残高の比率を継続的に高めていくことです。また、2020年12月に発足したネット・ゼロ・アセット・マネージャー・イニシアチブ(NZAMI)の創設メンバーとして、2050年またはそれ以前にポートフォリオ全体でネットゼロ排出を達成することを約束するとともに、アクサグループの意欲的な気候目標の実現において重要な役割を担っていきたいと考えています。当社は企業として、2050年までにネットゼロ達成を目指しており、これを実現するために、測定、削減、補償という3つのステップの手法を適用しています。すでに、2025年までに自社のCO2排出量を25%以上削減することを約束しています。

積極果敢に、堂々と行動

企業や顧客とのエンゲージメントや対話は、ネットゼロへの道程に影響を及ぼすために極めて重要です。当社は、この移行にはいくつかの課題があることを認識しており、気候変動対策やその他のネットゼロに沿った資産にますます多くの資本を配分する一方で、効果的に移行していると思われる企業に引き続き投資を行っていきます。当社は、気候変動への取り組みとスチュワードシップの方針を強化し、ポートフォリオにおいて重要で、また環境への影響が大きい企業で構成されているリストの中で、「クライメート・ラガード(気候変動対応で出遅れている企業)」に分類される企業に対しては、3年間建設的なエンゲージメントを続けても十分な進展が見られない場合は投資撤退を行います。

同業他社と共に行動

当社は、同業他社と共同行動を取り、影響力を結集することで、目に見える変化をもたらす力を持つことができると考えています。気候変動に配慮した投資など、責任ある運用ソリューションをお客様に提供し続けるとともに、お客様や従業員に対してESGに関する教育プログラムを提供します。持続可能な金融と実体経済に関する政策を成功させるためには、規制当局による気候変動対策へのグローバルなアプローチが不可欠であると考え、NZAMI、NZAOA、NZAM、Climate Action 100などの運営グループや業界イニシアチブに積極的に参加しています。先日の世界気候サミットでは、気候変動に真剣に取り組んでいない企業に対して、資本配分の決定を通じて影響を及ぼすために、当社と共に断固とした行動をとるよう同業他社に働きかけました。

責任投資

ビジョン2045: アクサIM - 責任ある投資家

アクサIMは、世界中のビジネスコミュニティに対して国連SDGsの目標達および気候変動との闘い、持続可能性の実現、ダイバーシティとインクルージョンの推進といった基本原則を促進するプロジェクト「Vision2045」に参画しています。

動画を見る
株式

ロボテック戦略月次レター:厳しい市場局面の先を見据える

  • by AXA Investment Managers
  • 2022年5月13日 (3 分で読めます)
株式

クリーンテック戦略月次レター:欧州エネルギー戦略、転換へ

  • by AXA Investment Managers
  • 2022年5月13日 (3 分で読めます)
債券

債券が再び魅力的な資産クラスに

  • by Nick Hayes
  • 2022年5月10日 (7 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会