アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

アンコンストレインド債券戦略

当戦略には大きな柔軟性があり、債券資産クラス全体において投資機会を機動的に追求します。

アンコンストレインド債券の概要

従来の債券投資は、多くの場合、ベンチマーク志向です。これは、インデックスの変動に関係なく、選択したインデックスに連動した付加価値の提供を目的とします。これらのタイプのポートフォリオは通常、参照インデックスに応じて構築されるため、地域、セクター、満期、信用の質など、債券ユニバースの特定の領域に限定されます。

アンコンストレインド戦略の、制約のない、そして「どこででも債券投資機会を追求する」アプローチは、ベンチマークにとらわれません。そしてポートフォリオ構築は通常、インデックスを参照することなく、インカムおよび資産の成長を目指します。当戦略には大きな柔軟性があり、債券資産クラス全体において投資機会を機動的に追求します。

重要なのは、通常、リスク調整後リターンを目指すことにあります。言い換えれば、所与のレベルのリスクに対して潜在的なリターンの達成を追求します。したがって、適度な資産成長およびインカムを求める投資家に対して、コア債券ポートフォリオを構築いたします。

トータルリターン投資を検討する理由

債券ポートフォリオからのトータルリターンには、利回り(クーポンからのインカムリターン)と、時間の経過などに伴う資産の成長(キャピタルリターン)という2つの要素があります。

1.
包括的な投資アプローチ

一部の債券投資家はインカム要素のみに注目していますが、近年、歴史的に低い国債利回りにより、従来の債券戦略ではリスクの低い投資からの十分なインカム創出が困難になっています。より高い利回りを追求するだけでは、投資家はポートフォリオのリスク増大を無視する可能性があります。

トータルリターン投資は、個々の要素ではなく、インカムリターンとキャピタルリターンの両方を考慮した、より包括的な戦略です。ポートフォリオが受領したインカムは、トータルリターンを最大化する目的で原資産に再投資することができます。

2.
アンコンストレインド・トータルリターン

アンコンストレインド戦略は、魅力的なトータルリターンの創出に貢献します。柔軟性と分散に重点を置いたアンコンストレインド債券投資は、さまざまな資産のリスクバランスを取りつつ、幅広い債券レンジにおけるインカムと成長の両方の投資機会追求を目的としています。

債券は、さまざまなサブアセットクラスで構成されています。債券が異なれば、パフォーマンスとリスク要因も異なります。各サブアセットクラスのパフォーマンスは、景気循環のさまざまな部分と相関しています。景気循環は絶えず変動しているため、ポートフォリオを適応させる必要があります。

債券投資におけるアンコンストレインド・アクティブ運用戦略は、動的な資産配分と効果的な分散を利用し、関連リスクを管理しつつ、適切なタイミングでさまざまなパフォーマンスドライバーを獲得する柔軟性を備えています。

当社のトータルリターン債券戦略

アクサIMのグローバル・ストラテジック・ボンド戦略は、市場の投資機会を活用し、景気循環を通じて魅力的なリスク調整後リターンを提供するために、下振れリスク抑制に焦点を当てたアクティブ運用トータルリターン戦略です。

柔軟なアンコンストレインド戦略として、グローバル債券ユニバース(国債、インフレ連動債、投資適格債、ハイイールド社債、エマージング市場債)全体に配分することができ、市場サイクルのさまざまな段階に対応し、資産配分を変更します。

運用プロセスは、リスク要因の感応度に応じてグローバル債券ユニバースをシンプルかつ透明性の高い方法で分解する、当社独自のフレームワークに基づいています。ポートフォリオは、ディフェンシブ、ミディアム、アグレッシブの3種類のリスク・バケットに配分され、運用担当者は市場環境に応じてファンドのアロケーションを調整し、リスクを軽減します。

債券

債券が再び魅力的な資産クラスに

  • by Nick Hayes
  • 2022年5月10日 (7 分で読めます)
債券

債券四半期見通し- 2022年4月

  • by Marion Le Morhedec
  • 2022年4月20日 (5 分で読めます)
債券

機関投資家がポートフォリオに社会的インパクトもたらすには

  • by Bruno Bamberger
  • 2022年4月12日 (7 分で読めます)
債券運用戦略

アクサIMの債券運用戦略についてもっと知る

詳細はこちら

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会