アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

グリーンボンド、ソーシャルボンド、サステナビリティボンド Q&A:社会的インパクト投資の広がり

  • 2023年6月23日 (5 分で読めます)

サステナブルボンド(グリーンボンド、ソーシャルボンド、サステナビリティボンドの総称)は債券ポートフォリオへのインパクト投資の代名詞となっている、成長中のアセットクラスです。このアセットクラスへの関心が高まり続けており、背後にあるニュアンスを理解する必要も高まっています。

パート1ではグリーンボンドについて触れました。パート2ではソーシャルボンド、サステナビリティボンドについてよく聞かれる質問のいくつかと、アクサ IM が持続可能な経済への移行をどのようにサポートしているかをご紹介します。

1. 投資家は社会的インパクト戦略を探すにあたり、何を考慮すべきですか?

ソーシャルボンドの発行はグリーンボンドと同様、特定の基準に従う必要があります。つまり、プロジェクト全体で関連する重要業績評価指標(KPI)により測定できる高い水準の透明性と明確な成果を提供する必要があります。残念ながら、このような基準のレベルや質は様々であり、したがって社会的インパクト戦略を構築する際には、プロジェクトを徹底的に理解し、発行体と定期的なコミュニケーションをもつことが重要になります。

アクサ IM では、当社独自のサステナブル債フレームワークによる認証を受けたソーシャルボンドおよびサステナビリティボンドにのみ投資します。このフレームワークは透明性が高く測定可能なインパクトを提供し、信頼度の高い持続可能な戦略をもつ発行体だけが確実に選択されるのに役立つと当社は考えます。

ソーシャルボンドの発行体数は過去2~3年間に増加したものの、まだ大きな市場ではありません。したがって、より分散された社会的インパクト戦略を得るには、ソーシャルボンド以外に目を向けることが重要です。環境、社会、ガバナンス(ESG)の基準が高く、社会に関する国連の持続可能な開発目標(SDGs)にプラスの貢献をもたらす発行体によるサステナビリティボンドおよび従来型債券が、多様化を提供する2つの源であると当社は見ています。

このように対象範囲を拡張することで、社会的インパクト債券戦略は、インパクトの信頼度という目標を達成しつつ、流動性、分散、利回りも向上します。

2. サステナビリティボンドはかなり新しい分類ですが、何を知っておくべきでしょうか?

目標を達成しない場合にクーポン支払い金額が高くなり、目的が気候に関する誓約に拘束されたサステナビリティリンクボンドと混同しないようにします。サステナビリティボンドは、グリーン・イニシアチブと社会的(ソーシャル)イニシアチブを組み合わせたプロジェクトに融資または再融資するものです。

一部のグリーン・プロジェクトは社会的副産物をもたらす可能性があり、同様に一部のソーシャルボンドはグリーン面での副産物をもたらす可能性があるため、「サステナビリティボンド」の分類は、発行体が自社プロジェクトをできるだけ正確に位置付けるのに役立ちます。  サステナビリティボンドは透明性の高いKPIを提供し成果志向であるべきという点でグリーンボンドやソーシャルボンドと類似のベストプラクティス指針に従います。

このサブアセットクラスは5,070億ドル(約71兆円)の運用資産残高1 に上るまでに着実に成長し、セクター面でますます多様化していますが、サステナビリティボンドはまだ、より広範なサステナブルボンドポートフォリオの一部として考えるのが最適と当社は考えます。

3. アクサ IM は、どのように関連性があり効果的な方法で持続可能な経済への移行を推進していますか?

アクサIMが市場との関連性を保ち、サステナブルボンド市場のリーダーの一員であり続けるために、主に3つの方法に注力しています。

保守的なサステナブルボンドの枠組み

当社のサステナブルボンドフレームワークは、適格なグリーンボンド、ソーシャルボンド、サステナビリティボンドを定義かつモニタリングするための堅牢なプロセスを提供します。このフレームワークは当社のより広義の債券プロセス内にあり、単なる環境、社会、ガバナンスの統合以上のものを網羅します。当社独自のサステナブルボンドフレームワークを通して、測定可能なインパクトを提供できる信頼度の高いプロジェクトをもつサステナブルボンドのみが含まれる、保守的な債券の選択を投資家に提供するのが目的です。 

継続的なエンゲージメント

サステナブルボンドフレームワークが、当社の投資判断プロセスにおいて中核的な役割を担いますが、発行体とのエンゲージメントもプロセスの成功に重要であると当社は考えます。  当社では責任投資専任アナリストを通して、年間およそ60のグリーンボンド、ソーシャルボンド、サステナビリティボンド(GSS)発行体と関与し、あらゆるアクションが継続管理の対象となり、進歩があるよう発行体とプロセスを設定しています。これによりエンゲージメントが有効であり続け、発行体が引き続きコミットメントを実行していることを確認できます。

たとえば2022年には、当社は54の発行体と対話を持ちました。当社の主な焦点は、国際資本市場協会(ICMA)のグリーンボンド原則の推奨事項との整合を超えて、発行体のサステナビリティ戦略およびフォワードルッキング目標の整合性について討議することでした。環境、社会、ガバナンス(ESG)の具体的な目標を設定する発行体の数が増えるなど、いくつかのポジティブな成果が見られました。一方で、当社の期待が高いため、複数の発行体で見られたESGプロファイルや野心的目標の乏しさは、2022年に一部のGSS発行を不適格と判断する上で重要な要因となりました。

これとは別に、当社はGSS発行体と「著しい害をもたらさない(DNSH)」というEUタクソノミー原則および最低限の社会的なセーフガード(MSS)に関する対話も行いました。タクソノミーの技術的基準に整合する発行体が増えている一方で、DNSHやMSSに関する状況は非常に異なります。発行体は、これらの基準を統合する適正な方法を見出すのに苦慮しています。これらの基準に包括的で認証された定義がないことから、これは無理もないと言えます。このことは、当社の2023年のGSS発行体とのエンゲージメントの優先事項のひとつになるでしょう。

サステナブルボンド市場の発展を推進

当社は、グリーンボンド戦略で最長の実績を誇る経験豊富な責任投資マネージャーとして、専門知見をより広い市場に提供し、健全なサステナブルボンド市場の構築に役立てるべきと考えます。  当社は業界団体への加入や、上述のような発行体への指針の提供など、様々な方法でこれを実現しています。また、引受銀行とも定期的に対話を行っています。この種の対話の多くは、GSSに対する当社の適格基準や具体的なケースに関する当社の見解、または発行体へのより広義のESG期待事項を共有することを目的としています。銀行は、当社のインサイトを発行体側の広い顧客ベースと共有できるため、これは当社の見解や期待を市場に広めるのに極めて有効な方法と考えます。このような交流が、環境と投資家にとって全般的により良い慣行を支援すると当社は考えています。

(オリジナル記事は6月7日に掲載されました。こちらをご覧ください。)

 

  • U291cmNlOiBBWEEgSU0sIEJsb29tYmVyZyBhcyBvZiAzMSBNYXkgMjAyMw==

関連記事

債券

短期デュレーション債券戦略を流動性のツールとして活用

  • by Nicolas Trindade
  • 2024年5月29日 (5 分で読めます)
債券

進展していく市場においてユーロ社債戦略の投資機会を活用する方法

  • by AXA Investment Managers
  • 2024年5月20日 (5 分で読めます)
債券

米国ハイイールド社債市場

  • by AXA Investment Managers
  • 2024年4月12日 (3 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ