アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
視点:チーフエコノミスト

FRBやECBとは異なるアプローチを取るイングランド銀行

  • 2022年11月7日 (5 分で読めます)

  • FRBはターミナルレート(現在の引き締めサイクルにおける政策金利の最終到達水準)の引き上げに前向きだが、英イングランド銀行は "あえて異なる"アプローチを取っている。

  • 債務上限引き上げを巡るドラマは避けうるかもしれないが、米中間選挙は将来の頭痛の種を宿している。選挙後、「財政マヒ」が起きる可能性は高いが、米国経済の状況を考えると、完全には悪いニュースではないかもしれない。

(お断り:Macrocastは来週休刊いたします。次号は11月21日(月)に発行する予定です。)

来月発表の米インフレ率が著しく高いデータにならない限り、FRBはおそらく12月に50bps「だけ」の利上げを目指すとみられます。しかし、パウエルFRB議長が語っているように、重要な問題はもはや「どれだけ迅速に」利上げを行うかではなく、「どの水準まで」利上げを行うか、また「いつまで」高い金利を維持するかです。FRBはターミナルレート引き上げの可能性に言及することで、「慎重な引き締めペースへの移行が目前に迫っている」とする過度にハト派的な市場の解釈を抑制しようとしています。一方、イングランド銀行(BOE)は、市場に対して、インフレ抑制に必要な引き締め総量の過大評価(結果的には引き締め総量およびターミナルレートの低め誘導)を市場に働きかけています。この違いは、BOEが英国に迫る緊縮財政を意識していることに起因すると思われ、BOEの金融政策委員会は、FRBのレトリックから乖離することで、為替レートに対して慎重なリスクを取る用意があるとみられます。もちろん、米国経済が急速に軟化し始めれば、「政策ギャップ」を維持しやすくなります。当社は最近の米労働市場のデータフローを注視しています。景気軟化の兆候と景気過熱の根強い証拠が共存しており、かなり不明瞭になっています。なお、予想ターミナルレートの下方修正の引き金となるような「決定的証拠」もまだありません。

当社の見解では、先週のラガルドECB総裁の講演はタカ派的なものでした。浅い景気後退はインフレ抑制に十分ではない、というメッセージは「実質的に」理解できますが、そのコミュニケーション効果は極めて強力です。もし浅い景気後退で十分でないとすれば、ECBが問われるのは、ECBがさらに抑制的領域に踏み込んで深刻な景気後退を引き起こすことを積極的に望んでいるのかということです。

今週、米民主党が下院の、あるいは上下両院の過半数を失ったとしても、バイデン政権が「レームダック・セッション(上下両院で新たな議員が就任する前の期間)」をうまく利用すれば、今後の「債務上限引き上げに関するドタバタ」を回避するテクニカルな方法はあります。しかし、今回の中間選挙がもたらす主な影響は、2024年の大統領選挙に向けた米国内の政治的対立の激化であり、特に投票手続きに関するものでしょう。

関連記事

視点:チーフエコノミスト

試される、それぞれの原則(インフレ、金融安定)の追求

  • by Gilles Moëc
  • 2023年3月20日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

雇用データ、市場の強気論者を直撃

  • by Gilles Moëc
  • 2023年2月6日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

「1994年の奇跡(景気後退なき引き締め)」を振り返る

  • by Gilles Moëc
  • 2023年1月30日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com