アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
視点:チーフエコノミスト

雇用データ、市場の強気論者を直撃

  • 2023年2月6日 (5 分で読めます)

  • FRB と ECB の先週のコミュニケーションにおける「ハト派的な材料」は、市場が予想していたほどではなかった。そして 米国の強い雇用統計は、当然のことながら市場の熱気を冷ました

  • 当社は、ユーロ圏での「信用インパルス(企業向け銀行融資)」の急激な低下を懸念している。ECB は、賃金交渉が経済状況の悪化に反応するのが遅いと考えている可能性がある

「ハト派ピボット(ハト派への政策転換)」が差し迫っていると考える上では、2 つの条件が満たされる必要があります。 第一に、中央銀行のコミュニケーションが変化する必要があります。 第二に、データフローが、許容できる時間の枠内でのインフレの着地と整合している必要があります。 先週、FRB と ECB のメッセージには、誇張されるべきではないと思われるものの、あいまいな(または はっきりしない)変化がありました。 パウエルFRB議長が記者会見の質疑応答において、市場がまだ(年後半の)利下げを織り込んでいることに対する反論が、やや曖昧になってきました。また ECB は、インフレの基本シナリオに関するリスクが現在「よりバランスの取れた」ものになったことを認めました。 しかし、これらのハト派的な材料への市場の熱狂は、金曜日に発表された強力な米労働市場のデータによって打ち砕かれました。

ラガルドECB総裁のコミュニケーションの若干の下方シフトは、3 月以降の 25 ベーシス ポイントへの利上げペースの単なる減速を予告するものであり、利上げを一服させるという意味ではないように思われます。当社は基本シナリオ(ECBは5月までの利上げで3.25%まで金利水準を上げ、その後利上げを休止)を維持しており、リスク方向については、利下げというより、利上げを見ています。現在、市場はユーロ圏の成長見通しを過信しすぎていると当社は考えており、「信用インパルス」のマイナス領域への大幅な悪化を懸念しています。当社はまた、 2023 年の欧州労働市場の機関的な特徴( 集中型の賃金交渉システム)は、経済活動の悪化に対する賃金ダイナミクスの反応を遅らせる可能性があるとECBが懸念している、と考えています。米国などでは、過去のインフレデータが、分散型賃金交渉で大きな役割を果たしています。

一言で言えば、米国では、金融引き締めがまだ労働市場を抑制するほどには効いていないことが問題であるのに対し、欧州では、金融引き締めが経済全体に浸透し始めてはいるが、インフレ圧力への影響が緩やかであることが問題です。当社は、中央銀行高官のコメントが最近「タカ派的ではない」ように聞こえるとしても、中央銀行の忍耐に賭けるべきではないでしょう。

雇用データ、市場の強気論者を直撃
PDFダウンロード (649.37 KB)

関連記事

視点:チーフエコノミスト

試される、それぞれの原則(インフレ、金融安定)の追求

  • by Gilles Moëc
  • 2023年3月20日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

「1994年の奇跡(景気後退なき引き締め)」を振り返る

  • by Gilles Moëc
  • 2023年1月30日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

ダボスからの報告

  • by Gilles Moëc
  • 2023年1月23日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ