アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
視点:チーフエコノミスト

(景気後退を辞さないFRBのインフレ抑制への強い姿勢の)伝染に注意

  • 2022年9月26日 (5 分で読めます)

キーポイント:

  • FRB は、インフレ目標達成に向け一途に進む覚悟である。成長への代償は大きい。
  • (景気後退を辞さないFRBの強い姿勢の)ユーロ圏への波及により、ECB は 量的引き締め(QT)開始を再考する必要があろう。それでも、ECBタカ派のレトリックは依然として強い。
  • 予想通り、英国の大胆な財政政策は市場の制裁に遭遇している。

FRBのスタンスはさらに明確になっています。労働市場の軟化を望んでおり、そのために景気後退を余儀なくされるのであれば、たとえそれが基本シナリオではないとしても「それでもよい」と考えています。強靭な雇用創出によりFRBは一層の引き締めを追求し、「ドットプロット(金利予測分布図)」の新たなピークは抑制的領域にまで達しています。当社の実質金融状況インデックスは、新たなインフレ期待の修正後でも、今や世界金融危機前の水準に戻っています。潜在成長率は 2008 年以降低下しており、これは、当社が予想するフェデラルファンド金利 の 合計100bps の年内追加利上げの前でさえ、経済に対する金融圧力がすでに非常に大きいことを示唆しています。成長へのコストは過小評価されるべきではありません。

FRBの強硬姿勢の世界的な波及は、日々、問題が大きくなっています。先週、私は、IMFの元チーフエコノミストで経済学者のモーリス・オブストフェルド氏が、中央銀行が過度の引き締めにつながるレースを繰り広げていると言及しました。先週のFRBの利上げ発表に対する欧州市場の反応はその好例です。投資家は ECB の政策金利予想をさらに上方修正しました。おそらく投資家は、為替レートの問題が、今後数カ月間のECBの反応関数においてさらに大きな役割を果たすと考えているのでしょう。ECB の最新のコミュニケーションは、市場にさらにタカ派的なスタンスを期待させる多くの理由をもたらしました。債券市場も急速に動いています。先週の金曜日の時点で、イタリアの 10 年物国債金利は 4.34% でした。これは、イタリアの新政権に、財政の余裕がないことを思い知らせることになるかもしれません。いずれにせよ、ECBタカ派からの「ノイズ」があるとしても、市場の現在の状況と米国からの伝染により、ECB は量的引き締めへの迅速な取り組みを再考する必要があると当社は考えています。

英イングランド銀行は先週、大幅利上げを見送ったことで孤立しました。市場が英国の新政権の財政政策発表を受け入れなかったというのは控えめな表現です。当社は、今回の発表が非常に冒険的な内容であるという見解を繰り返します。 1980 年のレシピは 2020 年代には通用しません。

記事の全文(英語)をダウンロード
PDFダウンロード (555.7 KB)

関連記事

マクロ経済

五里霧中のインフレピーク

  • by Gilles Moëc
  • 2022年9月19日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

量的引き締め、ECBのレーダーに浮上か

  • by Gilles Moëc
  • 2022年9月12日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

政策ミックスのさじ加減を見極める

  • by Gilles Moëc
  • 2022年9月5日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com