アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
視点:チーフエコノミスト

政策ミックスのさじ加減を見極める

  • 2022年9月5日 (5 分で読めます)

キーポイント: 

  • インフレショックに対処するためには、財政政策と金融政策の連動は極めて重要です。当社は、欧州においてエネルギーの卸売価格と小売価格の関係を断ち切る措置が一般化しつつあることを歓迎します。そして、英国はもう一つの「実験」になるかもしれません。市場は、現在の危機に対処しようとしている英国政府に対して「多少の緩み」を与える用意がありますが、それでも、政府による将来の財政再建に関する見通しが必要でしょう。

中央銀行が明確なフォワードガイダンスを持たない場合、たった一つのデータでも金融政策の決定に大きな違いをもたらすことになります。先週のデータフローでは、FRBとECBに異なるシグナルがもたらされました。米国では、賃金の伸びが鈍化し、労働参加率が改善したことから、FRBは次回会合で75bpsの追加利上げではなく、50bpsの利上げに舵を切る可能性が出てきました(来週のインフレ率発表で厄介なサプライズがない限り)。ユーロ圏では、8月にコアインフレ率が引き続き上昇したため、ECBの定例理事会(今週木曜開催)は、当社の新たな基本シナリオである75bpsの引き上げに踏み切る可能性が出てきました。ECBは一気呵成に利上げを進め、政策金利を中立領域まで高めるようとするかもしれません。

欧州において政策ミックスは重要課題となっています。ドイツは、エネルギー価格高騰の影響を軽減するため、新たな財政計画を発表しました。エネルギーの卸売価格と小売価格の関係分断に財政措置を集中させることは、最適な方法であると当社は考えます。これは、ECBの幾分の協力が見込めるからです。実際のインフレショックを「人為的に」弱めることは、インフレ期待の抑制につながるからです。この観点から、電力市場改革に関するEUの計画(電力価格抑制策)は、心強いことです。

一方、英国はもう一つの興味深い 「実験」を提供しています。保守党党首選で当選が確実視されているリズ・トラス氏は、エネルギー価格ショックの緩和策として一般的な経済政策(大幅減税および経済刺激策)に重点を置いています。トラス氏の財政計画は、根本的に、短期的な施策にとどまらず、かなり拡張的なものです。このため、投資家はイングランド銀行が政府の財政出動に対してさらなる引き締めに追い込まれると見ているため、かなりの市場圧力が予想されます。市場は、英国政府の当面の行動については「ある程度受け入れる」用意がありますが、危機が去ったときには財政再建が優先されると確信したいのでしょう。EUでは、財政サーベイランス(加盟国ごとのインバランスの監視メカニズム)が、こういった可視性を提供することになっています。

記事の全文(英語)をダウンロード
PDFダウンロード (571.52 KB)

関連記事

視点:チーフエコノミスト

試される、それぞれの原則(インフレ、金融安定)の追求

  • by Gilles Moëc
  • 2023年3月20日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

雇用データ、市場の強気論者を直撃

  • by Gilles Moëc
  • 2023年2月6日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

「1994年の奇跡(景気後退なき引き締め)」を振り返る

  • by Gilles Moëc
  • 2023年1月30日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ