アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
サステナビリティ

生活賃金はコストではなく、人的資本の価値を高める原動力と考えるべき理由

  • 2023年9月14日 (7 分で読めます)

  • 10年の間貧困状況が改善されてきましたが、新型コロナ感染とパンデミック後のインフレが組み合わさって、実質賃金を蝕んでいます。最低賃金は現在、この現実を反映していません

  • 適切な賃金を支払うことは、貧困を減らすための強力な手段であり、世界人権宣言の重要な柱です。生活賃金(十分な生活水準を維持するために必要な賃金の額)は、多くの国連の持続可能な開発目標の基盤でもあります

  • 給与はコストと見なすことができますが、同時に人的資本と社会の発展への投資と見なすこともできます

  • 投資家は、生活賃金政策を促進するために企業と協議する際に、構造的なパフォーマンスの低下、費用のかさむストライキ、潜在的な経済的損失のリスクを考慮する必要があります

「勤労する者は、すべて、自己及び家族に対して人間の尊厳にふさわしい生活を保障する公正かつ有利な報酬を受け、かつ、必要な場合には、他の社会的保護手段によって補充を受けることができる」1

一見すると、給与と賞与はビジネスコストであり、それが損益計算書に表示される仕方であり、企業はコストを削減したいと考える傾向があります。 しかし投資家は、従業員を公正に評価する「生活賃金」が、サプライチェーンとより広い経済に耐性を構築することに役立つ人的資本への投資としてみなすのが最も良いことに、気づく必要があります。

企業が公正な報酬の基本原則に従うことによって、労働者は、基本的な欲求を満たし、まっとうな暮らしを送るために十分な賃金を受け取ることが保証されます。 公正な賃金は、労働者の敬意、活力、忠誠心を育むことができ、その結果、生産性の向上、離職率の低下、全体的な仕事の満足度の向上につながる可能性があり、収益面でも投資家にとっても有益になる可能性があります。生活賃金は、良好な職場環境の創出を超えて、貧困を緩和し、所得の不平等を減らし、社会の流動性を高めることが示されています。2

この効果の組み合わせは、金銭的に安定した個人が消費者市場に参加し、地域経済を刺激し、自分の個人的および専門的な発達に投資できるようになるため、経済成長を促進できます。

(オリジナル記事は9月6日に掲載されました。こちらをご覧ください。)

  • VW5pdmVyc2FsIERlY2xhcmF0aW9uIG9mIEh1bWFuIFJpZ2h0cywgVW5pdGVkIE5hdGlvbnMsIHJldHJpZXZlZCBKdWx5IDIwMjM=
  • VGhlIExpdmluZyBXYWdlOiBhbiBlY29ub21pYyBpbXBhY3QgYXNzZXNzbWVudCwgTGl2aW5nIFdhZ2UgRm91bmRhdGlvbiwgSnVseSAyMDE1
記事の全文(英語)をダウンロード
PDFダウンロード (879 KB)

関連記事

サステナビリティ

インフラとエネルギー移行:電子や分子の移動問題

  • by Olivier Eugène, Anais El Kasm
  • 2024年5月17日 (15 分で読めます)
サステナビリティ

エネルギーの測定:損失と効率に電化という明るい兆し

  • by Olivier Eugène
  • 2024年3月8日 (7 分で読めます)
サステナビリティ

2024年の持続可能性: ネットゼロから さらに総体的なアプローチへ

  • by Virginie Derue
  • 2024年2月26日 (10 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ