アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

企業ニュース

新型コロナウイルス: コロナ債で感染拡大防止の資金調達に貢献

  • 2020年5月19日

本コメンタリーは、アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサ IM)が欧州現地時間2020年5月19日付で配信した英語原文を抄訳したものです。なお、英文の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。

新型コロナウイルス: コロナ債で感染拡大防止の資金調達に貢献

新型コロナウイルスの世界的感染拡大との戦いは、グローバル経済にとって極めて大きなコストとなるでしょう。医療機関、政府、金融機関、企業が危機から回復するためには、数千億ドル規模の資金が必要になると当社は予想しています。国際通貨基金(IMF)は、「新型コロナ危機による2020年から2021年にかけてのグローバルGDPの累積損失額は約9兆ドルに達する可能性があり、これは日本とドイツのGDP合計額よりも大きい」と指摘しています。

  • 機関投資家は資本市場を通じた資金調達へのアクセスを確保しているため、回復において重要な役割を担っています。急速に進展する新型コロナ危機の課題は、資金が最も必要とされる場所およびタイミングで供給されることです。
  • この課題に対する市場の対応の一つとして、「コロナ債」が浮上しています。新型コロナウイルス対策への資金調達のための債券であるコロナ債の市場は新しく生まれたばかりで、当社では、グリーン・ボンドやソーシャル・ボンドと同様にインパクトを与えうる起債の新たな領域と見ています。コロナ債は、感染拡大が引き起こす、現在および将来の社会問題の解決に貢献するでしょう。
  • アクサIMは既に、感染拡大の戦いをサポートするコロナ債に約2億3,000万ユーロ(約278億円)を投資しています。また、発行体が調達資金をどのように感染拡大阻止に使っているのかに関する透明性を確保するための投資フレームワークも確立しました。当社はさらに、結果やインパクトの計測に関するコミットメントも求めています。コロナ債が、ソーシャル・ボンドやサステナビリティ・ボンドの今後の成長も後押しすると当社は考えています。

以上

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会