• ホーム
  • プレスセンター
  • アクサIM、先進国および新興国の企業に対しジェンダー・ ダイバーシティに関する議決権行使を拡大へ

アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

企業ニュース

アクサIM、先進国および新興国の企業に対しジェンダー・ ダイバーシティに関する議決権行使を拡大へ

  • 2020年7月8日

本プレスリリースは、アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサ IM)が欧州現地時間2020年7月8日付で配信した英語原文を抄訳したものです。なお、英文の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。

  • アクサ IM 、来年から先進国1 企業に対して、取締役会における33% のダイバーシティ目標を導入
  • 新興国企業に対しても、ジェンダー・ダイバーシティ問題の提起を開始へアクサIMは本日、ジェンダー・ダイバーシティに関する議決権行使の拡大を発表しました。 これは、当社が投資する世界中の企業に対する影響力を高め、ガバナンス基準を改善させるためです。

2021年から当社は先進国の上場企業に対して、取締役会の女性比率が3分の1を下回っている場合はジェンダー・ダイバーシティに欠けると見なし2 、問題提起を行います。 この33% のダイバーシティ目標により、アクサ IM が投資する全ての企業が、より高いジェンダー・ダイバーシティの基準を保つことができ、さらに先進国におけるジェンダー・ダイバーシティ問題の改善にもつなげられます。

先進国企業に対する変更に加え、アクサ IM は今年から新興国や日本の上場企業に対して、取締役会に少なくとも1人の女性取締役を含めること(大きな取締役会では全体の10%)を促す予定です。

アクサIM は、先進国および新興国の全企業に対して、役員会のジェンダー・ダイバーシティの方針と目標に関する開示および報告を要求します。アクサ IM は、これらの目標に関して企業に説明責任を求めるとともに、企業が自ら定めた目標や市場のベストプラクティスを下回り続けている企業に対して、エンゲージメントを通じて現状に関する説明および状況改善への対処方針を強く求めています。

アクサ IM はまた、役員会のダイバーシティに関する適切な情報開示や対策を提示せず、ダイバーシティ問題への確かな計画を持っていない企業に対処するため、株主総会で議決権を行使する可能性があります。

アクサIMの ESG調査・エンゲージメント統括責任者である高月擁は、次のように述べています。「 幾つかの研究3 によれば、バランスが取れ、ジェンダー・ダイバーシティが良好な取締役会が、収益性の向上と価値創造につながります。集団思考の弊害を克服でき、議論とイノベーションを巻き起こし、組織全体での多様性を高めるでしょう。こうした変革は、持続的な業績への責任を負う取締役会が最高のガバナンス基準を堅持すべきである、という当社の方針と軌を一にしています。先進国の上場企業に対する33%目標や新興国および日本の企業に対する新たな方針の導入は、当社にとって次の重要なステップです。当社は、ジェンダー・ダイバーシティに関する議決権行使方針を引き続き確立し、具体的な違いを生む生産的な対話を企業と行う投資家として、株主としての権利を最大限に活用していきます。」

アクサ IM の2019年のジェンダー・ダイバーシティに関するエンゲージメントは、企業階層の全レベルでのジェンダー平等への積極的取り組みを企業に求めるものでした。当社はまた、年次株主総会において以下の議案に反対票を投じることで、企業におけるジェンダー・ダイバーシティへ配慮を改善させています。

  • 取締役会の全メンバーが男性である先進国企業の決算報告および決算書類、あるいは担当取締役の承認
  • 英FTSEオールシェア指数の構成企業のうち、取締役会の女性比率が4分の1未満である企業の指名委員会委員長の選任
  • 取締役会の女性比率が20%未満の米国企業の指名委員会委員長または担当取締役の選任

アクサIMがジェンダー・ダイバーシティ関連議案で反対票を投じた企業数は、2018年の45社から2019年には245社に増加しました4 。今年は1月から5月までで、186社の株主総会でジェンダー・ダイバーシティ問題で230の議案に反対票を投じました5

高月は次のように続けています。「当社顧客の投資の長期的側面を考慮すると、株主の利益に最もかなうのは、事業要件に適した取締役会が、スキル、知識、経験において適切なダイバーシティを伴った取締役によって構成されていることです。」

  • アクサIMの先進国および新興国の定義は以下の通り: 先進国: 北米、アジア太平洋先進国・地域(オーストラリア、香港、ニュージーランド、シンガポール)、欧州先進国 新興国: 新興市場国に加え、伝統的に男性中心の取締役会構造の日本を含める
  • アクサIMは、この最低要件が満たされていない場合、指名委員会委員長の選出および再選に反対します。もし指名委員会委員長の人選が議案にない場合、アクサIMは決算書類の承認に反対票を投じます。
  • アクサIMのローゼンバーグ株式 (2018) - Does Diversity Provide a Profitability Moat? MSCIリサーチ (2016) - The tipping point : Women on Boards and financial performance クレディ・スイス (2019) - The Gender 3000 Report
  • 出所: AXA IM, 2019 Active Ownership and Stewardship Report, February 2020.  日本語版はこちらをご覧ください。
  • 出所: アクサ IM、2020年1月1日から5月31日のデータ

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会