アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
テクノロジー

生成AIのマクロ的インパクト:これまでの技術革命から学べること

  • 2023年9月27日 (5 分で読めます)

キーポイント:

  • 生成AI(人工知能)の出現は、それがどれだけの速さで世界経済にインパクトを与えるかについての議論を加速させています。AIは生産性の著しい向上を約束し、技術革命の次の波となる様相を呈しています
  • 18世紀の産業革命以降、これまで5つの技術革命がありました。各革命が類似のパターンをたどり、およそ50年間続きました
  • AIはより短い期間で実装が進む可能性がありますが、かつてAIブームが衰えたのは、技術的な実現可能性の問題によってではなく、広範な社会や組織における変化の速度が原因であり、これは今日でも同様に課題であると思われます
  • このような新たな技術の経済的インパクトは、生産性、成長、低インフレを促進すると思われます。しかし歴史は、このような発展を切り離して検討することに注意するよう教示しています。失業の脅威および政府と規制の役割が、最終的な経済効果に影響するでしょう

「運命などなく、自ら作り上げるもの」

ChatGPT の始まり、およびその他の生成AIインターフェイスの導入により、AIが世界経済に著しいインパクトを与えるまでにどれ位の時間がかかるかが、再評価されています。モバイルゲームの開発会社 Gala テクノロジーの最高経営責任者、Jia Xiaodong氏は最近、ブルームバーグ・ニュースに次のように述べています:「過去3~4カ月におけるAIのゲーム産業へのインパクトは、過去30~40年間の変化と同じ位劇的かも知れません。」1 。コンサルティング会社のマッキンゼーは今年初めの報告書 「生成AI出現」2 の中で  現在のあらゆる人間のタスクの70%を技術的に自動化できるようになる期間の推定を、2029年~2049年(2017年時点)から2025年~2028年に前倒ししました。

AI技術の出現に対するこのような劇的な再評価は、大小を問わず、グローバル経済かローカル経済かを問わず、地球上のあらゆる経済 にとって様々な多くの重要な機会と課題を生み出します。本レポートでは、AIの到来をこれまでの汎用技術革命に位置付けて検証し、おおよそ50年間にわたり世界経済を形成してきたような出来事に共通する一定の特徴を引き出します。また、AIの潜在的な類似点と相違点も分析します。

さらに、この新しい技術と共に出現しそうなテーマも検討し、マクロ経済面で起こりうるインパクトを評価します。生産性の上昇が主な牽引力となって、大幅なプラスの供給ショックを引き起こす可能性があります。これは成長とインフレ軽減にプラスの影響を与えます。ただしこれはまた、失業、教育、税制や規制面での政府の役割に関して大きな問題を引き起こす一方で、私たちの政治システムに深刻なショックをもたらす恐れもあります。これらは非常に興味深いテーマであり、本レポートは各テーマの手始めに過ぎません。

世界経済は複雑なシステム、つまり、その構成要素の行動が互いに作用しながら有機的に出現するシステムです。したがって、AIのインパクトは、これらすべての要素の相互作用に依存し、私たちが今後数カ月、数年にわたって行う選択に左右されるでしょう。「運命ではなく、自ら作り上げるもの」3 という文化的表現は、経済の見通しについてはその通りであると、当社は考えます。成長、インフレ、失業その他の面における国際経済への究極的なインパクトの一部は、AI技術そのものにまつわる大きな不確実性だけでなく、AIが実際どのように実装、規制、課税されるかを含み、実装に伴う選択にも反映するでしょう。このため現時点では、いずれの見通しに関しても有力な予測が困難になっています。   

(オリジナル記事は9月25日に掲載されました。こちらをご覧ください。)

  • QUkgaXMgUmV3cml0aW5nIHRoZSBSdWxlcyBvZiAkMjAwYm4gR2FtZXMgaW5kdXN0cnnjgIFCbG9vbWJlcmcgTmV3c+OAgTIwMjPlubQ35pyIMjXml6XjgII=
  • VGhlIGVjb25vbWljIHBvdGVudGlhbCBvZiBnZW5lcmF0aXZlIEFJ44CN44CBTWNLSW5zZXkgJmFtcDsgQ2/jgIEyMDIz5bm0NuaciOOAgg==
  • VGVybWluYXRvciAyOiBKdWRnZW1lbnQgRGF5LCAxOTkxLg==
記事の全文(英語)をダウンロード
PDFダウンロード (616.55 KB)

関連記事

テクノロジー

AI主導によってテクノロジー株式の連騰が続く可能性

  • by Chris Iggo
  • 2024年2月5日 (5 分で読めます)
テクノロジー

AIの進歩とひっ迫した労働市場を背景に躍進するロボット工学および自動化部門

  • by Tom Riley
  • 2023年10月24日 (5 分で読めます)
テクノロジー

サイバーセキュリティ:テクノロジーの発展に伴い膨大なポテンシャルをもつ投資機会

  • by Jeremy Gleeson
  • 2023年10月17日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ