アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
マクロ経済リサーチ

米国10年国債利回りを動かす主な要因

  • 2024年1月30日 (7 分で読めます)

米10年国債の要因分析と2024年の方向性

  • 米10年国債利回りの急上昇とその後の低下を中立金利や期待インフレ率、ターム・プレミアムといった主要な構成要素に着目して分析しました。本稿で、マクロ変数に基づく簡潔な利回りモデルを示します。
  • 主要な構成要素はいずれも、2010年代半ばの水準よりも利回りが高くなるのに寄与していると見られます。
  • 当社グループの利回りモデルによれば、当社グループの予測(および市場のコンセンサス)を前提にすると、10年国債利回りが現在の4%前後の水準を大幅に下回る可能性は低いと考えられます。
  • 米国財政の持続可能性に対する懸念が過去1年間の利回りを押し上げたことを示す指標がいくつかあると考えています。今のところ、いずれの大統領候補も連邦債務の削減を優先事項として掲げていませんが、財政の持続可能性という点を、近づいてきた大統領選挙に関連して注視しています。
     

(オリジナル記事は1月18日に掲載されました。こちらをご覧ください。)

レポート(全文、日本語)はこちら
PDFファイルのダウンロード (710.32 KB)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com