アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
サステナビリティ

米証券取引委員会の気候関連開示規則の動向が注目される理由

  • 2023年6月1日 (15 分で読めます)

キーポイント

  • 米証券取引委員会(SEC)による気候関連リスク開示に関する決定が待たれており、投資家と低炭素経済への移行を支持する人々にとってポジティブな一歩となる

  • ただ、最終的な決定が発表されたとしても、それには限界がある

  • 投資家は企業に対して、優れたリスク調整後投資に必要な重要気候情報を開示するよう、働きかけ続けなければならない

SECは2022年3月に気候関連情報開示規則案を発表し、米国内外のSEC登録企業から過去最高の15,000件以上のパブリックコメントを受け、12カ月以上の分析、交渉、調整を経ましたが、予定されていた2023年4月の最終決定を発表しませんでした。これがなければ、SEC登録企業が炭素排出量や気候データに関してどのような開示を求められるかわかりません。

潜在的な要求事項に関するすべての準備と議論がある中で、根本的な疑問は、最終決定が出たときに、何かが変わるのだろうかということです。当社は、少なくとも部分的には変わると考えています。

全体として、気候関連リスクに対処するSECの決定は、長い間待たされてきました。最終決定が発表されれば、投資家と低炭素経済への移行を支持する人々の双方にとって、ポジティブな一歩となるでしょう。

しかし、最終決定が発表されたとしても、SEC規制の権限の範囲、どのような排出量開示が求められるか、実施の遅延の可能性などに関連し、明確な限界があります。

このような制約があるため、アクサIMも含め大手の投資家は、より持続可能な低炭素経済へと移行する世界において、優れたリスク調整後投資に必要な重要気候情報の開示を企業に求め続ける必要があります。

詳細はフルレポート(英語)をご覧ください。

(アクサIM投資適格債クレジットリサーチ・アナリスト、Clotilde Queneudecも執筆に参加しています。)

(オリジナル記事は5月24日に掲載されました。こちらをご覧ください。)

記事の全文(英語)をダウンロード
PDFダウンロード (767.66 KB)

関連記事

サステナビリティ

インフラとエネルギー移行:電子や分子の移動問題

  • by Olivier Eugène, Anais El Kasm
  • 2024年5月17日 (15 分で読めます)
サステナビリティ

エネルギーの測定:損失と効率に電化という明るい兆し

  • by Olivier Eugène
  • 2024年3月8日 (7 分で読めます)
サステナビリティ

2024年の持続可能性: ネットゼロから さらに総体的なアプローチへ

  • by Virginie Derue
  • 2024年2月26日 (10 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ