アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

ソーシャルプログレス(社会向上)株式戦略

社会向上に投資することの意味

社会的意識の高まりは、社会の大きな構造変化につながる可能性があります。社会向上のために行動することは、人口動態の変化や気候変動など、世界が直面している様々な課題から発生する社会的コスト削減を目指す製品やサービスを提供する先進国や新興国の企業に投資することを意味します。住宅や医療、教育へのアクセスなど、社会の最も基本的なニーズにおいて、世界は平等ではないのが現実です。

投資目的

社会問題の解決策を提供できる企業に投資することで、行動を起こすことができます。社会的な意識の高まりにより、潜在的な投資機会が生まれる可能性があります。アクサIMでは、社会に対してポジティブで測定可能なインパクトを与えることを目的に、財務的および非財務的な長期的価値の探求に重点を置いたアプローチをとっています。

投資テーマ

低コスト住宅やインフラへのアクセス、金融およびデジタルインクルージョン(包摂)。
新興国において不足しているのは、事業創造の取り組みではなく、むしろ資金調達の手段です。マイクロクレジットの開発が増加しています。また、世界銀行は、2022年において10億人が銀行へのアクセスがないとの推計を発表しています。まだ十分なサービスを受けていない人々のニーズに応えるには、金融サービスへのアクセスを向上させることが必要であり、これは潜在的な投資機会となります。

予防には、健康管理、福祉、安全が含まれます。
予防は治療に勝ります。新型コロナウイルスの大流行は、強固な予防策へのニーズを根本的に加速させ、科学研究に対する公的支援の重要性を浮き彫りにしました。このテーマは、個人にとっては大きな関心事となり、政府の優先事項にもなっています。

社会の発展には、人的資本管理、人材研修、起業家精神が含まれます。
企業が革新的で成功し続けるためには、ジェンダー、経歴、経験を超えたダイバーシティが必要だと考えます。この分野では、多くの投資機会を見出しています。それは、違いを生み出して市場リーダーとしての地位を確立した企業や、「オールインワン」のデジタル決済ソリューション、オンライン学習、育児、教育コンサルティングを提供する企業などです。

Image

ソーシャルインパクト投資は、持続的かつ収益性の高い成長を実現できる投資機会であると確信しています。

Image
アン・トルムネン
ソーシャルプログレス株式戦略ポートフォリオ・マネージャー

投資のインパクトはどのように測定するのですか?

投資戦略の社会的貢献度の測定には、国連が提唱するリーディンググリッドを利用しています。ソーシャルプログレス株式戦略のインパクト報告書は、特に社会的課題に関連する持続可能な開発目標(SDGs)に対して、投資先企業がどの程度貢献しているかを示しています。当社の戦略の中で、投資判断の方向性は、社会的側面におけるSDGsと整合しています。

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会