アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
マクロ経済

マクロ・投資戦略レビュー(2月) - FRBのハト派転換期待の終焉

  • 2023年3月1日 (5 分で読めます)

キーポイント

  • 経済の強靭性を示す指標が続いており、中央銀行の金利動向に対する市場予想に大きなタカ派的な変化をもたらしている。

  • このため、慎重な姿勢を維持すべきだろう。景気後退の可能性は大幅に低下したが、累積した金融引き締めの効果は今後遅れて顕在化する可能性がある。

  • 米国の一株当たり利益は、依然として長期トレンドを上回っている。

  • テクノロジーおよびエネルギーセクターは、通常を上回る利益を享受している。

  • 長期投資家は現在のバリュエーションレベルに気を取られるべきではない。


1月の本レビューでは、経済の強靭性が中央銀行にフラストレーションを引き起こす可能性があり、最終的には、最近まで揺るがなかった「ドビッシュ・ピボット(政策のハト派への転換)」という市場の見方と衝突する可能性があると書きました。この数週間で、ようやく市場のプライシングに大きな変化がありました。米連邦準備制度理事会(FRB)と欧州中央銀行(ECB)のターミナルレート(利上げの最終到達点)予想は上方修正され、さらに重要なことは、FRBによる今年後半の25bpsの利下げ織り込みが解消されつつあることです。これは、実体経済の継続的な強靭性、あるいは経済の再加速すらを示唆する多くの指標と、金融政策当局のタカ派的発言との組み合わせによるものです。

FRBの積極的なタカ派姿勢は、現在のマクロ経済回復の持続性に影を落としています。累積的な金融引き締めの影響が顕在化するまでの時間を計る簡単な方法はありません。前例に注目するしかありません。過去のFRBの引き締め局面における労働市場の反応は、しばしば顕在化が遅れました。3つのケース(1988-1989年、1994-1995年、 1999-2001年)では、雇用創出が減速し始めたのは引き締めからおよそ1年後でした。労働市場が金融引き締めに反応するのが12〜18カ月後というのは、米国経済のかなり規則的な特徴のようです。ユーロ圏では、1月に信用インパルス(企業・家計向け新規融資の前年同月比)が大幅なマイナスに転じ、企業は厳しい融資条件に直面するようになっています。市場が中央銀行の金利動向予想を上方修正したことで、広範な金融環境は12月と1月に見られた緩みから一転して引き締まってきており、実体経済への圧力はさらに強まるでしょう。

市場は、年明けは予想以上に堅調なスタートを切りましたが、2023年全体については引き続き過度な楽観は慎みたいと考えています。

(オリジナル記事は2月23日に掲載されました。こちらからご覧ください。)

関連レポート

Full Global Macro Monthly - February 2023
PDFダウンロード (710.01 KB)
Full slide deck of our February Global Monthly Strategy
PDFダウンロード (2.13 MB)
アクサIM資産運用研究所

アクサIMの専門家と運用チームが主要なインサイトをお届けします。

詳細はこちら

関連記事

マクロ経済

短期債券戦略と長期債券戦略: 投資家のポートフォリオにおけるそれぞれの役割

  • by Bruno Bamberger
  • 2023年11月8日 (7 分で読めます)
マクロ経済

イスラエル紛争: 今投資家として知っておくこと

  • by AXA Investment Managers
  • 2023年10月11日 (7 分で読めます)
マクロ経済

名目上の世界に生きる

  • by Chris Iggo
  • 2023年5月2日 (3 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ