アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
視点:チーフエコノミスト

欧州の「配管問題」(注目されるECBの超過準備への対応)

  • 2022年10月24日 (7 分で読めます)

  • ECBが今週の政策理事会で75bpsの利上げを行う可能性が高いが、焦点は超過準備への対応であり、ユーロ圏の財政政策および金融安定性に大きな影響があるだろう。

  • ジョンソン前首相が保守党党首選から脱落したことで、英国では慎重な財政政策への移行が不可逆的になっていると当社は見ている。


ふだん、家の水回りについて考えることはあまりないと思いますが、排水口詰まりなど配管の問題がいったん発生すると、それが解決するまでは他のことを考えるのが難しくなるものです。欧州の金融システムもそのような「配管問題」に直面しているのかもしれません。今週のECB政策理事会では、表向きには追加利上げが予想されていますが(当社では市場コンセンサス同様に75bpsと予想)、その一方で、長引く超過準備の問題にも対処する可能性があります。テクニカルには曖昧に見えるかもしれませんが、これは重要です。というのも、預金金利の上昇に伴い超過準備に対する金利がECBにとって大きなコストとなっており、そして財政余地が縮小している現在、各国政府の財政問題にも響くからです。

流動性への影響は単純ではありません。超過準備の解消に利用できる手段の1つであるTLTRO(条件付き長期リファイナンスオペ)の早期解除を「奨励」すれば、債券担保が不足している時に大量の債券がリリースされます。しかし、その一方で量的引き締め(QT)を急げば、債券市場のすでに厳しい状 況がさらに追い込まれることになります。当社は、ECBがQTについて慎重な判断を下し、決定を先送りすると予想しています。しかし、世界のいたるところで金融引き締めの速度が速まっており、金融安定性に関するアクシデントのリスクが自動的に高まっていると当社は引き続き懸念しています。

最近、英国は世界的なストレスの原因となっています。先週金曜、ジョンソン前首相の復帰を支持する議員が相当数いるとの報道を受けた市場の反応(英国2年債利回りの大幅上昇、価格の急落)は、投資家が財政に慎重な保守主義を志向していることを示唆しています。ジョンソン氏が日曜夜に保守党党首選への不出馬を表明したことで、残る2人の候補者、現在断然の人気を誇るリシ・スナク元財務相とペニー・モーダント下院院内総務のどちらが勝っても、新たな財政慎重派のスタンスは揺るぎないものになりました(訳注:その後モーダント氏が党首選から撤退し、スナク氏が無投票で選出されました)。両者ともブレグジットを支持していますが、当社は先週示した見解を維持します。それは、英国が単独でマクロ経済の舵取りをする能力が低下している現在、EUとの関係を徐々に改善することが、唯一実行可能な選択肢であることです。

記事の全文(英語)をダウンロード
PDFダウンロード (507.53 KB)

関連記事

視点:チーフエコノミスト

試される、それぞれの原則(インフレ、金融安定)の追求

  • by Gilles Moëc
  • 2023年3月20日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

雇用データ、市場の強気論者を直撃

  • by Gilles Moëc
  • 2023年2月6日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

「1994年の奇跡(景気後退なき引き締め)」を振り返る

  • by Gilles Moëc
  • 2023年1月30日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ