アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

成長株から割安株の時代へ、そして「究極の割安株」とは

  • 2022年6月17日 (3 分で読めます)

市場では成長株優位の局面と割安株優位の局面がそれぞれ訪れます。

2009年からは金融緩和策の恩恵を受けIT企業を筆頭に成長株が好調なパフォーマンスで市場をけん引してきました。また、2020年の新型コロナ感染拡大後の世界経済の回復局面においては、この傾向が続きました。しかし、コロナ禍やウクライナ危機を背景としたグローバルサプライチェーンの混乱による物価上昇から金利上昇局面に入ると企業の成長性に不透明感が高まり、成長株は下落し、割安株への関心が高まってきています。

そのような中、新興国小型株市場のパフォーマンスが堅調です。新興国には、現地の文化やニーズにきめ細かく対応し、主に地域において着実に事業展開する中小型企業が多く存在しています。しかし、新興国小型株は、投資地域が多岐にわたり、投資対象銘柄も膨大で、アナリストのカバレッジには限界があります。そのようなことも背景にあり、世界の機関投資家からは投資対象として見過ごされがちで、魅力的な投資機会が残されています。いわば「究極の割安株」と捉えることもできるでしょう。

まず、下のチャートをご覧ください。これは益利回りを縦軸に、配当利回りを横軸にしたものです。益利回りは、1株当たり純利益を株価で割ったものです。益利回りが高いほど割安と判断されます。益利回り、配当利回りとも際立って高いアクサIMの新興国小型株戦略の割安さは、主要株価指数や新興国関連および割安株関連指数と比較しても突出しています。

主要株価指数、新興国関連および割安株関連指数の益利回りと配当利回り
出所:ブルームバーグ

次のチャートは、各主要株価指数および新興国小型株戦略のPER(株価収益率)です。益利回りの逆数で、利益面から株価の割安、割高を判断します。PERで見てみても、新興国小型株戦略は主要株価指数よりもはるかに低く、投資対象銘柄が割安で放置されていることを示唆しています。

Image

最後のチャートは各主要株価指数および新興国小型株戦略のPBR(株価純資産倍率)です。株価が1株当たり純資産の何倍まで買われているかを示しています。PBRが1倍であれば、解散価値と株価が同じ水準となりますが、新興国小型株戦略のPBRは1倍を下回っており、大きく割安であることが分かります。 

Image

割安株が優位となる市場環境の中、「究極」的に割安なアクサIMの新興国小型株戦略で、中長期的に魅力的な投資機会の恩恵を追求できるとみられます。そして、新興国小型株戦略を保有することで、ポートフォリオにおけるリスク分散効果が期待できると考えられます。

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は主観的であり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会