アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

現在、欧州クレジット市場に訪れている好機

  • 2023年2月24日 (5 分で読めます)

キーポイント

  • 欧州クレジット市場の現在の利回り水準は、過去の水準と比較して魅力的
  • 欧州投資適格債において注目すべきセクター
  • 欧州ハイイールド債のデフォルトサイクルが引き続き抑制される理由

ここ10年間の低利回り環境を経て、債券投資家に明るい兆しが見えてきました。第一に、利回りが近年の最高水準でスタートしたこと、そして流動性とともにバリュエーションが今年の債券の重要なプラス要因となると思われることです。第二に、中央銀行の強気な市場サイクルは、過ぎつつあると思われます。そして第三に、2022年末に見られた安定したパフォーマンスが、投資家の信頼回復に寄与していることです。

魅力的な利回り水準

2023年における債券投資の大きなメリットとして、新発債のクーポンが1年前と比較して大幅に上昇していることが挙げられます。欧州クレジット市場の平均利回りは、1年前の投資適格債が0.9%(ハイイールド債は3.6%)であったのに対し、現在は4.0%(ハイイールド債は7.1%)に迫っています。1 当社は、債券市場における全面的な転換は、長期投資家にとって魅力的な機会を生み出す可能性があると見ています。

投資適格債のファンダメンタルズは堅調

欧州投資適格債市場では、ファンダメンタルズは引き続き底堅く推移すると見ています。過去数年間、 低金利でのリファイナンスの恩恵を受けてきた企業は、強固なバランスシートと高い流動性を維持しています。

当社が、特に注目するセクターがあります。金融業界では、銀行が純金利収入の増加の恩恵を受け、今後数四半期におけるリスクコストの上昇を相殺できるため、健全な状況が続くと思われます。不動産については、レバレッジとリファイナンスの必要性はあるものの、2022年を通じてバリュエーションが大幅に再調整されたことから、当社が高い確信を持つ発行体については、選別的にリスクを上積みする機会と考えています。

ハイイールド債にも一定の好機

欧州ハイイールド債市場では、当社は、信用リスクが管理しやすいしっかりとしたファンダメンタルズを持つBB格や一部のB 格の発行体を選好しています。この市場セグメントでは、2020年、2021年に資本再構築のためのリファイナンスが活発に行われたため、企業は良好なポジションを保持しています。景気後退の可能性が高まる中、投資家は金利リスクの影響を受けにくい短期債を検討することが望ましいと考えられます。

全体として、クオリティの高い短期ハイイールド債は、ユーロ圏のクレジット・ユニバースにおいて、依然として投資しやすい状況にありますが、クレジット選択とセクター配分に注目したアクティブ運用アプローチを維持することが鍵となります。

欧州クレジット市場:2023年にアウトパフォームする大きな可能性

2023年に入り、インフレや成長鈍化が企業に与える影響により、業績が下方修正される可能性があり、株式のバリュエーションについては幾分懸念があります。一方、インフレ低下を主眼とした主要中央銀行の抑制的政策により、一部の債券セクターの利回りは上昇しています。

今後数四半期にボラティリティが高まる可能性を排除できず、クレジット市場の先行きは不安定な状況が続くと思われます。しかしながら、インフレの減速は緩やかであり、債券市場において大きな調整を当社は予想していません。2023 年は債券の年であり、堅調なマクロファンダメンタルズと安定的な金融政策に後押しされた市場環境の中で、特に投資適格債やハイイールド債は魅力的な利回りを提供すると当社は考えています。

(オリジナル記事は2月15日に掲載されました。こちらからご覧ください。)

  • U291cmNlOiBJQ0UgQm9mQSBpbmRpY2VzLCBhcyBvZiAzMS8wMS8yMDIz

関連記事

債券

ユーロクレジットは予想されるマクロ経済の混乱に耐えられるか?

  • by Gonzague Hachette
  • 2024年3月29日 (5 分で読めます)
債券

グリーンボンドをめぐる市場の通念上位3

  • by Edgar Mehrabyan
  • 2024年3月26日 (5 分で読めます)
債券

2024年米国ハイイールド社債市場の見通し

  • by AXA Investment Managers
  • 2024年1月31日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ