アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

米国のインフレ率で展望明るいサプライズ

  • 2022年11月14日 (5 分で読めます)

キーポイント

  • 米国の10月のインフレ率は市場予想よりも軟調だった
  • 米国のインフレのピークは過ぎ去った可能性がある
  • エネルギーと食品は引き続き上昇リスクとなる可能性が高い

米国の消費者物価指数 (CPI) は依然として高水準ではあるものの、10月の総合インフレ率は市場予想を下回り、9月の前年同月比 8.2%の上昇 から 7.7%の上昇 に低下しました。これは、米国のインフレ率のピークが過ぎ去った可能性が高いことを示唆しています。特に 10 月の市場予想値は実際の数値より 0.1% 高い7.8%だったため、市場はポジティブに反応しました。前月比では0.4%の上昇でした。エネルギーと食品を除くコア インフレ率は、前年同月比 6.3% 上昇し、9 月の6.6%を下回りました。

数字を見ると、楽観的な理由を提供するいくつかの傾向があります。

  1. 財価格は主に自動車価格の下落により0.08%下落したものの、サプライチェーンの圧力が緩和していることを示唆しています。財価格が新型コロナ関連のインフレの影響を最も受けていたことを考えると、このデータはインフレが徐々に縮小していることを意味する可能性があります。

  2. コアインフレ率の水面下ではインフレ軟化の兆候が見られ、医療を中心に多くの構成要素で上昇率が低下しています。家賃インフレ率は前月比 0.8% の堅実な上昇となっていますが、米連邦準備制度理事会 (FRB) が家賃インフレ率を遅行指標と認識していることは、いくらかの慰めになります。それでも、住居費における遅行インフレに取り組むことが重要であり、今後数カ月間は高止まりするとみられます。最新データによれば、医療費のインフレへの影響が低下しつつあるため、なおさら住居費への取り組みが重要になります。

しかし、楽観的な話ばかりではありません。食料とエネルギーの価格は引き続き高騰しており、上振れリスクもあります。特に失望を呼んだのはエネルギーインフレで、3 カ月連続のマイナス寄与の後、10 月に再びプラスに転じました。食料とエネルギーに加えて、労働力とコモディティは、今後も米国のインフレにとって上方リスクとなるでしょう。

上記の傾向が示唆すること

10月のインフレ率は弱かったものの、単なる1カ月の数値にすぎず、市場のムードが引き続きポジティブになるためには、インフレ率の更なる低下の持続が必要になるでしょう。インフレ率が引き続き前年同月比での上昇を続けているにもかかわらず、市場がこれほどポジティブにインフレ率の発表に反応した理由は、今や住居費がほぼ唯一の重要なインフレ源となっているためです。住居費はコアインフレ率において 30% のウェイトを持っており、コアインフレ率の前月比0.3% の上昇のうち、0.24% が遅行指標の住居費からのものであることを示唆しています。このため、インフレが減速している可能性を示唆しています。

数値を別の方法で分析すると、食品、エネルギー、エネルギー関連サービスを差し引いたコアインフレ率は、前月比で 0.1%のマイナス となり、2020 年 3 月の新型コロナ危機以来の最低値でした。今回のインフレ率の発表を受け、FRB は今後数カ月間において利上げペースの減速を進め、最終的には利上げを一時停止すると当社は予想しています。

総合CPIおよびコアCPIの前月比変化と構成要素の推移

Image

緑の線が総合CPI、紫の線がコアCPI 出所:Refinitiv Datastream 2022年11月10日時点

食品とエネルギー価格に上昇リスクがあるため、インフレ率は緩やかに減速すると当社は引き続き予想しています。上のグラフが示すように、米国のインフレ率はピークを過ぎているとみられますが、前月比インフレ率はプラスを維持しており、総合インフレ率は +0.4%、コア インフレ率は +0.3% です。このため、新型コロナ関連のインフレの影響は徐々に解消するとみられ、月次の数値は引き続きプラスを見込んでおり、ゆっくりとした減速を当社は予想しています。

関連記事

債券

進展していく市場においてユーロ社債戦略の投資機会を活用する方法

  • by AXA Investment Managers
  • 2024年5月20日 (5 分で読めます)
債券

米国ハイイールド社債市場

  • by AXA Investment Managers
  • 2024年4月12日 (3 分で読めます)
債券

ユーロクレジットは予想されるマクロ経済の混乱に耐えられるか?

  • by Gonzague Hachette
  • 2024年3月29日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ