アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

進展していく市場においてユーロ社債戦略の投資機会を活用する方法

  • 2024年5月20日 (5 分で読めます)
主なポイント
米国と欧州の間で経済状況に乖離が見られる中で、欧州中央銀行が今後の利下げを示唆したことから、ユーロ債券戦略の投資機会の可能性が高まっています
当社グループではユーロ社債戦略に投資機会があると見ていますが、セクター間にばらつきがあるため、柔軟な投資アプローチの必要性が示唆されます
当社グループではバーベル・アプローチが不確実な市場で効果を発揮すると見ています

欧州ではインフレが比較的軟調で景気が停滞気味であるために、利下げの可能性が高まってきたとする見通しは、米連邦準備制度理事会(FRB)の次の動向をめぐる不確実性とは対照的です。金融政策のこの変化は、欧州の企業や政府にとって借り入れコストが低下する可能性を示しており、世界経済の動向や地政学的な動向変動という状況を考慮しても、信用市場にプラスの影響を与える可能性があります。したがって2024年は、ユーロ圏の社債に再び追い風が吹く年になると、当社グループは予想しています。

欧州中央銀行(ECB)による利下げの可能性を踏まえて、ユーロ社債市場を調査する際には、高品質の発行体と低品質の発行体との間にスプレッドのばらつきがあることから、比較的高いリターンを上げる可能性をもつセクターや発行体を選ぶために柔軟なアプローチが必要であると、当社グループは考えます。

実際のところ、金融政策が実体経済に影響を及ぼすには時間がかかるため、発行体やセクター間で格差が生じ、堅牢な財務状態にある企業が有利となる一方、バランスシートが脆弱で財務レバレッジが過剰な企業には悪影響となる可能性があります。

このような背景では、トータルリターン戦略がその制約のない性質から効果を発揮すると考えられ、また、徹底した信用調査分析に基いて十分に情報を得た上での投資決定が可能となるため、進展する信用環境がもたらす投資の機会を活用することができると思われます。


投資機会の可能性を創出

当社グループは、ユーロ債券戦略において制約のないアプローチが有効であると考えていますが、この確信度の強さは強力な成長見通しや健全なファンダメンタルズ、魅力的なバリュエーションを備えたセクターや発行体の特定を目指す、徹底した調査と分析によるものです。この確信度の強さは、セクターや発行体を選別する判断に役立つ市場動向やマクロ経済のトレンド、及び、企業固有の要因に対する深い理解に裏付けられています。

当社グループが比較的有効な投資機会があると見ているのは、以下のセクターです:

  1. 金融:

    当社グループでは、欧州の銀行の基本的な業績に対し良好な見通しを引き続き持っています。2023年10~12月期の業績は、特にイタリアとスペインで良好でしたが、英国とフランスでは成長が予想を下回りました。純受取利息(NII)がピークに達しつつあるため、収益性の水準は堅調に推移したものの、7~9月に比べて低くなっています。一方、株主配分を増やしたにもかかわらず、強力な収益およびリスク加重資産(RWA)の適度な成長を反映して、資本基盤は堅調さを維持しました。2024年への展望は引き続き楽観的ですが、今後の数四半期にわたり経済状況が困難になる場合に備えて引当金を積み増す可能性があります。

  2. 公益事業:

    リスクと潜在的なリターンの間で適正なバランスがあるセクターであると考えています。魅力的なバリュエーションに加え、安定したディフェンシブな品質を提供していると見ています。

  3. 不動産:

    当社グループでは、このセクターの魅力的なバリュエーションと、投資適格格付けユニバースの大手企業社債への投資によって、特に住宅および物流分野を選好しています。ただし、オフィス分野は現在(執筆時)アンダーウェイトとしています。


ユーロ社債戦略を検討する際は「トータルリターン」を視野に

当社グループのトータルリターン・アプローチはベンチマークの制約にとらわれることなく、社債の領域全体でダイナミックな資産配分および銘柄選択を提供するよう目指します。このアプローチは社債領域におけるアクサ IMグループの世界的な能力を活用したトップダウン型のアクティブな資産配分をボトムアップ型の銘柄選択と組み合わせたもので、その目的は、価値の源泉を特定し、市場の特異性を利用し、市場の変動に適用することにあります。ポートフォリオは、市場サイクル全体で柔軟かつプロアクティブであるよう設計され、様々な市場サイクルに対応するべくリスクバケット(DIA、ディフェンシブ(保守的)、インターミディエート(中立的)、アグレッシブ(積極的)の分類による3つのバケット(共通の性質を持つ群))全体で横断的に管理されます。

この投資アプローチの構造は3年平均のリターンが継続的にプラスになることを目指しています。そして、このアプローチによって、主なアルファの源泉を特定し、あらゆる市況でパフォーマンスの達成を可能にすると考えています。さらに DIA の枠組みは、このバケット全体でデュレーションリスクを横断的に管理し、市場サイクル全体でプロアクティブな配分を行うことで、市場のリスクに適応し効率的に価値を獲得するための柔軟性を提供すると考えています。

当社グループでは現在、DIAのうち、ディフェンシブおよびアグレッシブの各々のバケットに配分を多くするバーベル・アプローチを採用しています。このアプローチは、典型的にはポートフォリオの配分において低リスク資産(多くの場合、短期証券や高格付け債券)に多めに投資する一方で、高リスク・高リターン資産(劣後資産やハイイールド債券など)にも多めに配分するものです。

当社グループは2024年を通してこのバーベル・アプローチを維持すると考えています。他方で、債券の選択に際しては、当社グループの徹底したファンダメンタルズ分析に依拠しながら、慎重に行います。もう一方で、資産クラスがもたらすキャリーも軽視しません。キャリーの水準は、スプレッドが短期的に拡大しても十分に相殺できるものと、当社グループは見ています。


企業やセクターへの参照は例証のみを目的としており、個別銘柄ないしセクターへの投資を推奨するものではありません。

(オリジナル記事は5月13日に掲載されました。こちらをご覧ください。)

短期デュレーション債券戦略を流動性のツールとして活用
ファンドマネージャー・ビュー 債券

短期デュレーション債券戦略を流動性のツールとして活用

  • by Nicolas Trindade
  • 2024年5月29日 (5 分で読めます)
運用戦略アップデート
米国ハイイールド社債市場
ファンドマネージャー・ビュー 債券

米国ハイイールド社債市場

  • by AXA Investment Managers
  • 2024年4月12日 (3 分で読めます)
運用戦略アップデート
ユーロクレジットは予想されるマクロ経済の混乱に耐えられるか?
ファンドマネージャー・ビュー 債券

ユーロクレジットは予想されるマクロ経済の混乱に耐えられるか?

  • by Gonzague Hachette
  • 2024年3月29日 (5 分で読めます)
運用戦略アップデート
グリーンボンドをめぐる市場の通念上位3
ファンドマネージャー・ビュー 債券

グリーンボンドをめぐる市場の通念上位3

  • by Edgar Mehrabyan
  • 2024年3月26日 (5 分で読めます)
運用戦略アップデート
2024年米国ハイイールド社債市場の見通し
ファンドマネージャー・ビュー 債券

2024年米国ハイイールド社債市場の見通し

  • by AXA Investment Managers
  • 2024年1月31日 (5 分で読めます)
運用戦略アップデート
金利が安定しつつある環境でインフレ連動債を考慮する理由
ファンドマネージャー・ビュー 債券

金利が安定しつつある環境でインフレ連動債を考慮する理由

  • by Elida Rhenals
  • 2023年12月1日 (5 分で読めます)
運用戦略アップデート

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ