アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
視点:チーフエコノミスト

(金融引き締めサイクルの)初期段階の終わりか?

  • 2022年10月31日 (5 分で読めます)

  • 2022年12月以降、FRBとECBは引き締めペースを緩めると予想する。しかし、引き締めペースの鈍化が必ずしも「ターミナルレート(現在の引き締めサイクルにおける政策金利の最終到達水準)」に影響を与えるわけではないという認識によって、市場の楽観的な見方が抑制される可能性がある。データフロー関連でボラティリティが高まっており、ストレスの多い局面が増えるだろう。

中央銀行が金融引き締めを継続する意向でありながらも、より緩やかなペースでの実施が可能と判断したとき、現在進行中の金融引き締めの「始まりの終わり」に到るでしょう。ECBは先週、そしてFRBもおそらく今週、75bpsの利上げを実施し、その後両中央銀行は12月に利上げ幅を縮小すると予想されます。しかし、インフレ率を2%に戻すのに適切な政策金利の水準を見出すことと、引き締め減速との間には直接的な関連性はありません。ターミナルレートは依然として捉えどころがありません。ただ、さらなるインフレ過熱リスクが低くなったので、中央銀行は急いで(インフレ動向に)「追いつく」のではなく、「探っていく戦略」に移行できるようになったということです。

この「探っていく」アプローチは中央銀行の政策ミスのリスクを低減させるため、この観点から最近の市場の楽観的な見方も理解できます。しかし、もし経済の回復力が今後数カ月間持ちこたえるなら、FRBは2023年の政策金利についてFOMCメンバーの予想中央値4.6%よりさらに踏み込んで利上げをする必要が出てくるでしょう。しかし、当社としては、金融市場の急激な悪化が一因となって米国がかなりの景気後退に陥るという予測を踏まえ、ターミナルレートに関する当社予想が市場予想を若干下回ることに抵抗はありません。インフレ関連のデータフローが「十分に」下がらない場合、今後数ヶ月間にストレスが多い市場局面が増えると予想しています。さらに、投資家はFRBによるまっとうな「ドビッシュ・ピボット(ハト派への政策転換)」の恩恵を受ける前に、今後さらなる「マクロ的な痛み」を受け入れる必要があります。ユーロ圏では、「全員一致」とまでは言えなかったECB政策理事会の後に発表された10月のインフレ率が予想を上回ったことで(前年同月比で10.7%、過去最高)、ECBの足並みが乱れる可能性があります。それでも、来年にはインフレ率が大幅に低下し、中央銀行の目標に収束すると予想される強い根拠が引き続き残っています。今後のECBの利上げの回数と規模(現在、12月に50bps、2月に25bpsと予想)以上に、12月に決定が予定されている量的引き締め(QT)の見通しに対して債券市場はますます敏感になるのではないかと思われます。今週は英イングランド銀行も金融政策会合を開きます。当社は、75bpsが適切な「妥協的利上げ」であろうといる見解を維持しており、そして市場の現在の見通しも同様です。

記事の全文(英語)をダウンロード
PDFダウンロード (559.69 KB)

関連記事

視点:チーフエコノミスト

試される、それぞれの原則(インフレ、金融安定)の追求

  • by Gilles Moëc
  • 2023年3月20日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

雇用データ、市場の強気論者を直撃

  • by Gilles Moëc
  • 2023年2月6日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

「1994年の奇跡(景気後退なき引き締め)」を振り返る

  • by Gilles Moëc
  • 2023年1月30日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ