アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
視点:チーフエコノミスト

タカは冬眠せず

  • 2022年12月19日 (7 分で読めます)

キーポイント

  • FRB は引き締め姿勢堅持を重ねて明言したが、市場は引き続き来年の利下げを織り込んでいる。

  • ECB のタカ派への転換は市場を驚かせ、欧州経済の下振れリスクを増大させ、ユーロ圏のフラグメンテーション(分断)への懸念を高めている。

Macrocastはいったんお休みし、新年1月9日に再開いたします。素晴らしいホリデーシーズンをお過ごしください。


先週は、金融政策の最前線において非常に波乱に富んだ 1 週間となりました。 そして、その波乱は来年の全般的なシナリオにうまく合致しそうです。つまり、2023 年は 2022 年の「鏡像(さかさまの画像)」になる可能性が高いです。2022 年は、より速く、より広範で、より持続的なインフレが特徴となりましたが、実体経済の強靭性は目覚ましいものがありました。 逆に、2023 年には、大幅なディスインフレ(インフレの鎮静化)が予想され、FRBとECBが今世紀初めて景気減速に対応しようとしないことが主な理由で、経済活動に大きな打撃となるでしょう。むしろ、両中央銀行は、インフレをコントロール下に戻すための痛みを伴うが必要な条件として、意図的に景気減速を招こうとしています。

実際、FRB の新しい予測は依然として「悪くても」2023 年に極めて浅い景気後退のみを見込んでいますが、FOMCメンバーのドットプロット(金利予測分布図)の新たなターミナルレート(政策金利の最終到達水準)中央値は、FOMC が非常に深く抑制的領域に踏み込み、そこにとどまる準備ができていることを示唆しています。しかし、総じて投資家はFRBの声に耳を傾けておらず、 フォワードレートは来年下期に 50bps 相当の利下げを織り込み続けています。 ディスインフレの具体的な兆候が現在米国で浮上しつつあると思われますが、これが来年、市場に不快なほど大きな失望を生み出す可能性があります。

一方、ECBの先週の発表は、適度な「タカ派祭り」をもたらしました. 当社は現在、ECBのターミナルレートを 3.25% と予想しており、これは十分に抑制的領域で、さらに上振れリスクがあります。 先週の ECB のコミュニケーションは、前日の FRB のタカ派的発表に呼応しようとしていると読みたくなります。欧州のディスインフレを妨げるユーロ下落を回避したいという願望からでしょう。 これは理解できますが、数カ月前にモーリス・オブストフェルド氏(IMFの元チーフエコノミスト)が嘆いた「利上げの頂上決戦」の構図を助長し、最終的に世界経済に過度の金融引き締めをもたらす可能性があります。その上、このタカ派的な傾向により、欧州経済に吹きつけているすでに深刻な逆風に加え、ECB はユーロ圏でのフラグメンテーションリスクを負っています。 ECB は、来年 6 月に量的引き締め( QT) を再調整する余地を幾分取りました。 これは賢明ですが、十分ではないかもしれません。

関連記事

視点:チーフエコノミスト

試される、それぞれの原則(インフレ、金融安定)の追求

  • by Gilles Moëc
  • 2023年3月20日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

雇用データ、市場の強気論者を直撃

  • by Gilles Moëc
  • 2023年2月6日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

「1994年の奇跡(景気後退なき引き締め)」を振り返る

  • by Gilles Moëc
  • 2023年1月30日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、アクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本文書で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本書で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依存するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込む恐れがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込む恐れがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com