アクサIMを名乗る者からの投資勧誘等にご注意ください。詳細はこちら

Investment Institute
視点:チーフエコノミスト

マクロ経済上の「スエズ」(または英国のさらなる落日)

  • 2022年10月17日 (7 分で読めます)

  • 英国のジェレミー・ハント新財務相が、財政政策の再編に着手した。全容は月末までに明らかになろう。

  • 英国の年金基金問題は、他地域の金融不安の潜在的な原因にも関連してくるだろう。

  • 欧米で「(中央銀行)ハト派の再覚醒」が続いているが、政策にすぐに影響が及ぶことはなかろう。


英国の大規模減税策というサプライサイド、トリクルダウン(富裕層が富めば、低所得層にも富が浸透するとの考え方)の試みは、市場の力に屈しました。ハント新財務相は英国の財政政策を再編しますが、その詳細については月末まで待つ必要があるかもしれません(訳注:ハント財務相は17日、トラス政権が打ち出した大規模減税策のほぼ全ての撤回を表明)。政治的な不安定さが残る中、投資家は予算案の最終的な削減を待っており、今後2週間が非常に重要です。ハント財務相就任で市場を取り巻くトーンが変わり、当面は「債券自警団」を鎮めるのに十分なため、イングランド銀行は債券市場への直接介入を控えることができるかもしれません。市場の圧力が長引けば、(中央銀行の市場介入に関する)モラルハザード問題が深刻ではなくなるため、イングランド銀行が介入を再開するハードルは低くなると思われます。

今回の英国のイベントは、「ハードブレグジット(英国のEUからの強硬離脱)」の当然の帰結とも言えます。EUとの貿易摩擦の拡大を考えると、財政的裏付けのない減税とサプライサイド改革が政治的に唯一受け入れられる選択肢として残され、それが金融の現実に衝突しただけとも言えます。1956年のスエズ戦争(当時のエジプト政府がスエズ運河国有化を一方的に宣言。これに対してイギリスは、フランス、イスラエルと共同で運河地帯を占領したが、エジプト国民の抵抗と国際世論の非難により撤退)は、現代の英国がもはや「輝かしい大英帝国」ではないことを知った「現代英国のトラウマ」となりました。英国の財政をめぐる今回の混乱は、英国政府が経済問題に関して単独で舵を取る能力が小さいことを確信させる可能性があります。このような状況下、英国と欧州の関係見直しが始まることは明るい兆しかもしれません。今後、2022年10月を「ブレグジットのピーク」だったと振り返ることになるかもしれません。

英国の年金基金問題は、次の金融不安の潜在的な原因を示唆しています。企業の借り換えギャップの急拡大を注視する必要があります。幸いなことに、企業は低金利期を活用し負債の償還期間を長期化しているため、ショックを吸収する時間が与えられています。しかし、広範な金融引き締めは、成長に打撃を与えるでしょう。それでも、中央銀行はインフレ高進阻止でリスクを取ろうとしています。欧米では「(中央銀行)ハト派の再覚醒」が続いていますが、それは政策にすぐに結びつくものではありません。今のところ、データフローから得られるシグナル(例えば、予想を上回った9月の米国のコアインフレ率)は、モデルから得られる慎重なメッセージより強力です。

記事の全文(英語)をダウンロード
PDFダウンロード (510.16 KB)

関連記事

視点:チーフエコノミスト

試される、それぞれの原則(インフレ、金融安定)の追求

  • by Gilles Moëc
  • 2023年3月20日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

雇用データ、市場の強気論者を直撃

  • by Gilles Moëc
  • 2023年2月6日 (5 分で読めます)
視点:チーフエコノミスト

「1994年の奇跡(景気後退なき引き締め)」を振り返る

  • by Gilles Moëc
  • 2023年1月30日 (5 分で読めます)

    ご留意事項

    本ページは情報提供のみを目的としており、特定の有価証券やアクサ・インベストメント・マネージャーズまたはその関連会社による投資、商品またはサービスを購入または売却するオファーを構成するものではなく、またこれらは勧誘、投資、法的または税務アドバイスとして考慮すべきではありません。本資料で説明された戦略は、管轄区域または特定のタイプの投資家によってはご利用できない可能性があります。本資料で提示された意見、推計および予測は掲載時の主観的なものであり、予告なしに変更される可能性があります。予測が現実になるという保証はありません。本資料に記載されている情報に依拠するか否かについては、読者の独自の判断に委ねられています。本資料には投資判断に必要な十分な情報は含まれていません。

    投資リスクおよび費用について
    当社が提供する戦略は、主に有価証券への投資を行いますが、当該有価証券の価格の下落により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動によっては投資元本を割り込むおそれがあります。したがって、お客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益および損失はすべてお客様に帰属します。
    また、当社の投資運用業務に係る報酬額およびその他費用は、お客様の運用資産の額や運用戦略(方針)等によって異なりますので、その合計額を表示することはできません。また、運用資産において行う有価証券等の取引に伴う売買手数料等はお客様の負担となります。

    アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
    金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商) 第16号
    加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

    お問い合わせ先:TOKYOMARKETING@axa-im.com

    ページトップへ